【学生指導にも使える思考過程~トップダウン?orボトムアップ?~】

評価はトップダウン?ボトムアップ?

 

2月は評価実習で学生さんが来ている時期。

皆さんのところにもいらっしゃいますでしょうか?

 

 

 

当院にも入れ替わり立ち替わり評価実習で

学生さんが来ています。

 

 

 

学生指導をする際、指導方法や内容について

大まかに説明するのですが、

 

 

 

その中で、

トップダウンの考え方、評価の仕方を教えてください」

と言われることがあります。

 

 

 

皆さんならどうしますか?

 

 

 

私は躊躇なく「ムリ!」と答えます。(笑)

 

 

 

もちろん、そこにはちゃんと理由があるので、

そこを説明した上ですが。

 

 

 

まず、学生さんの思考として、

「ボトムアップより、トップダウンの方が優れている」

というの思考が散見されます。

 

 

 

授業でそう言われたのか・・・。

でも、私自身も学生時代そう思い込んでいた印象があります。

 

 

 

で、なぜトップダウン評価をいきなり教えないかというと、

 

 

 

トップダウンの前提には「トップ」をわかってなければ

ならないから。

 

 

 

療法士でいうと、トップダウンの素になるのは

「動作、活動分析」です。

 

 

 

現役の療法士でも四苦八苦するのに、

動作観察すら実践したことのない学生さんには

ハードルが高すぎます。

 

 

 

もう一つは、

仮に教科書的な評価項目を挙げられても、

「評価手技自体がうまくできない、

理解できていない」

ことがほとんど。

 

 

 

ROM-tやMMTにしても、再現性に?がつくと

そもそもその評価は正確なのか?という

本末転倒なことになってしまいます。

 

 

 

なので、まずは学生さんには

「評価手技ができる」を

目指してもらいます。

(そもそも評価実習なので)

 

 

 

まだこの段階では、

疾患に対する教科書的な評価項目を出してもらって、

実践できるかどうかが指導のポイントになります。

 

 

 

そこと同時進行的に、考え方を伝えます。

 

 

 

まずは思考過程の中から自分の

立ち位置を知ること。

 

 

 

トップダウンで考えると

1)動作分析

2)問題点抽出

3)評価項目の選定

4)評価(評価手技)

5)評価結果を統合と解釈

6)治療選択

 

 

 

という流れになりますが、1)〜3)、5)、6)

机上でも可能。

 

 

 

4)は学生さんの技術が必要。

 

 

 

評価手技は1)〜3)で導き出した問いを

確認するところ。

 

 

 

ここに整合性がないと、1)〜3)で考えたことが、

5)、6)に反映されないという流れを伝えて、

今やるべきは「4)評価手技ができる」

にフォーカスしてもらいます。

 

 

 

ここはいわゆるボトムになるところ。

 

 

 

まずはボトムアップがしっかりできないと、

トップから思考を下ろした時に困る。

 

 

 

ということを見せることが重要です。

 

 

 

まずはボトムになる評価ができる。

そうすると、次に向かうのは動作分析になります。

 

 

 

対象が学生さんなら、この先は総合実習でOKです。

 

 

 

学生指導、新人指導をしている皆さん、彼らの立ち位置が

今どこにあるか、一緒に考えてみましょう。

 

 

 

今日はここまで

 

 

 

PS.もし、どうしてもトップダウンでやりたい!!

という場合は・・・次回に!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

IAIR 理事

理学療法士 中嶋 光秀

 

 

 

→【IAIRセミナーページ】

https://iairjapan.jp/calendar

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1300名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************

Scroll to top