ROMやMMTなどの評価が苦手な方の共通点。

臨床でまず大事とされるROMとMMT

2月も中盤に差し掛かり、
各職場とも新年度の体制どどうするか?という話をしているところかと思います。

 

気持ち的に、前向きになりつつも、
若干の不安もありつつというのもあるのではないでしょうか。

 

こういう時にこそ、
基本に立ち返りましょう。

 

リハビリの評価といえば、ROMやMMTですね。
養成校時代でも、
評価の教科書でも一番最初は、ROMの項目がありました。

 

さて、みなさんはこのROMとMMTばっちり!でしょうか?
苦手意識はありませんか?

 

私としては、はじめのうちはとても苦手意識がありました。
何が苦手か一言でいうと、、、、

 

「どう動かしていいか分からない」

 

もっと踏み込んで言うと、

 

「どう触っていいか分からない」

 

という気持ちというか、考えがありました。

 

ROMやMMTなど評価に関して、共通すること。

 

上記のように、

 

どう触っていいか、どう動かしていいか分からないという状態で、
片手にはゴニオメーターを持ち、
基本軸と運動軸がずれないように注意を測りながら、
相手の最終可動域の角度を必死に測る。

 

と、現場ではこのような状態になっていませんか?

 

このように、あくせくしながら、
自分の身体やメンタルも緊張しながらの状態で、
ROMの角度は測定出来たとしても、
エンドフィールの質感などを感じることは至難の業だと思います。
(参考記事:ROM制限の原因を推測するために必要な3つのこと。

 

 

と考えていくと、
ROMにもMMTにも共通していえることは、

 

”触れる”

 

ということですね。

 

まずは、ここへの苦手意識などを無くして、
スタートラインに立てたら、少し落ち着いて臨むことができるのではないでしょうか。

 

”触れる”ということに対して、
自信をつけてるためにはできることは、

 

”触れる”ことです。

 

 

もちろん闇雲に触れればいいというわけではありません。

 

どういう触れ方が良いのかというと、

触れている方も、触れられている方も、
心地良いかどうかです。

 

IAIRでは、この触れ方を
Comfortable Touchと呼び、セミナーなどではお伝えしています。

 

 

普段の現場でどうやってその心地よい触れ方ができているか、
確認するためには、
肩や股関節の屈曲のROMで行ってみましょう。

 

エンドフィールを感じた時に、もう少し可動域を広げられるそうな方向を、
対象者の方と確認しながら行うことで、
練習にもなります。

 

感覚の共有というのは、
最初は難しいと感じるところもありますが、
共有することが出来ますので、ぜひ練習してみてください。

触れることの精度を上げるためには、
こちらも参考にしてみてください。

参考図書:手の治癒力(山口 創著)

(画像をクリックすると、Amazonのリンクにとびます)

 

まずは、触れるということを安心してできるようになった上で、
ゴニオメーターなどの器具を用いることに余裕ができるので、
角度も質感もしっかりと把握できるようになります。

 

こういった関わりを続けることで、
現場での臨床にしっかり活かすことが必ずできるようになります。

 

ぜひ現場でもトライしてみてください。
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

 

write by 渡邉 哲

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1350名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■■iairjapan.jp(■■を@に変えてご使用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
渡邉個人Facebook:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94

Instagram:https://www.instagram.com/iairjapan/
Twitter:https://www.instagram.com/iairjapan/

*****************************************************

Scroll to top