5年目療法士10の行動

5年目を過ぎたタイミングでやっておきたい療法士10の行動(1)【5年目を過ぎた療法士の君へ】(18)

この5年目を過ぎた療法士の君へシリーズも18回目。

色々な話題を出してきました。ですが、改めて見てみると、どうも説教くさくていけない。

何でしょうね~説教したいわけじゃないのに色々口を出したくなる。

僕もいよいよ年を取ってきたということかもしれません。

僕がどんな療法士人生を歩んできたか……なんて昔話はIAIR-Cafeでの裏話に取っておいて、「5年目を過ぎたタイミングでやっておきたい療法士10の行動」を書いておきます。

 

◆ 5年目を過ぎたタイミングでやっておきたい療法士10の行動

改めて……療法士となって5年目を過ぎる頃。新卒なら27歳。社会人経験があるならさらに+n歳。

療法士経験は若手から脱却しつつも、年齢は様々。そんななか、5年目を過ぎたら共通してやっておきたい10の行動を備忘録的に書いておきます。5年目を過ぎたタイミングで参考にしてくださいね。

 

◆1:新人教育をしてみよう。

新人指導

「え?やってますよ!」と言うかもしれませんが、ちょっと待って!

自分でやる!と言ってのことですか?上司から業務として割り振られたからではありませんか?

ではなく、あなた独自の目的を持ちつつ、率先してやる!と言ったかが鍵です。

ちなみに僕は、新人さんと一緒に「新しい業務マニュアル」を作りました。

その過程で「リハビリって何」を一緒に考える機会にしていました。

 

◆2:学生指導をしてみよう。

学生指導

「新人教育と何が違うの?」と言うツッコミは……来ないか?

学生さんは療法士未満。最新の学習をしてきた人もいれば、昔ながらの学習をしてきた人も。

とはいえ、新人さんと違って、内部の人間になっていくのではなく、そとから新しい風を運び、また去っていきます。

去った後に、職場には考える機会を残し、去った学生さんはあなたの療法士観を外に運んでいきます。

あなたの療法士としての価値観を考えるチャンスになります。

そして、あなたの知らないところで、知らない患者さんを救うかもしれませんよ。

 

◆3:症例報告をしてみよう。

症例報告

「でも、先輩のツッコミが激しくて……」という心の声が聞こえてきます。

以前も「そんな療法士ばかりではない、発言にがっかりした」と言われことがあります。

時代も変わり、偏ったツッコミをする人も少なくなっているのかもしれませんね。

おっと、話のキモはそこではありません。

今や、高齢化が進み単一疾病のみを抱える患者さんは少なくなりました。環境因子や心理面、生活習慣など個人的な要素も多様化し、量的研究のみでは語れない現場にいるのではありませんか?

質的研究として、あなたの体験した一症例をまとめておくことで、未来の療法士にバトンを渡せるかもしれませんよ。

研究!と壮大に考え過ぎないでくださいね。あなたの経験には価値がある事を再認識する機会になりますよ。

 

◆4:部門会議で提案をしてみよう。

ケア会議

部門会議って、ありますか?もし無かったら、上司と経営の話をするのもいいでしょう。

いつも「点数取れ!」とばかり言われてガッカリしていませんか?

そりゃあ、説明もなく点数点数と繰り返し言われれば、やっている事の意味はわかりません。

数字を見る事で、現在位置が見えてきます。

現在位置が見えたら、その組織内でどう行動すればいいのか、何をみんなと共有すればいいのかが見えてきますよ。

 

◆5:他の部署の仕事を理解しよう。

他部門

他の部署の意見に真っ向対立ばかりしていませんか?

リハ科と別な意見を出してくるには、それなりの理由があります。

その理由は何なのか?上司の立場では聞き取れない、現場同士だからわかる話ってありませんか?

多くは「目的は同じなのに、なんで協力できないの?」ってことばかり。

理由がわからないなら、聴いちゃいましょう!5年目のポジションならそれができちゃいますよ!

 

◆今回は5つまで!何故って……

そう、申し訳ない!

今回は5回目までです。

何故って、妻に見せたら「長い!」「見ない!」って言われちゃいました。

なので、2回に分ける事にしました。

 

今回は、

  1. 新人教育をしてみよう。
  2. 学生指導をしてみよう。
  3. 症例報告をしてみよう。
  4. 部門会議で提案をしてみよう。
  5. 他の部署の仕事を理解しよう。

の5つを紹介。

5年目を過ぎたら共通してやっておきたい10の行動って、実は大きな着地点に向かっています。

次回を楽しみにしててくださいね。

トランスファー指導
IAIR理事 齋藤 信

 

追伸

みなさん、ここまで読んでくれてありがとう。

2回シリーズになっちゃいましたね。。。

ちなみに僕は42歳。

資格を取得してから……18年?

ここまで来ると、さすがにこの18年間、何をしてきたのか?

どんな成果を出してきたのか?

誰と関わり、関わった人を救えたのか?

そんな事を考えてしまいます。

その辺はIAIR-CafeのオンラインLIVE放送でお話ししますね。

 

TGA(組織滑走法)って面白い!

IAIRコンセプトに基づくTGA(組織滑走法)を実践された療法士さんの声が届いております。

よく聞かれる声は「コンディショニングの時間が少なくなり、ADL訓練の時間が増えた」とのこと。

なぜ、TGAで時間短縮が起きるのか?

↓↓↓こちら↓↓↓で紹介しています。

TGAの紹介はこちら>>>https://iairjapan.jp/about-tga

 

TGA(組織滑走法™️)が受講できる講義はこちら

  • 北海道

    • イベント無し
  • 四国

    • イベント無し
  • 中国

    • イベント無し

 



Saito Makoto

View posts by Saito Makoto
精神科作業療法に従事する。そのなか、臨床実習指導と院内改善指導に携わり、統合的な視点で医療の質向上をマネジメントする取組みを10年にわたり行ってきた。 IAIRに参加することで、病ではなく人をみる視点を手に入れ、同時に組織も人と同じく、病を抱えていることに気づく。共に育む「共育」をテーマに、療法士一人一人が組織に関わるための多角的な視点を持てるよう、人財育成とマネジメントに関する発信を行っている。
Scroll to top