問題点の抽出が苦手なセラピストの思考過程の一例。

問題点の抽出を行うとはどういうことか?

 

昔、あるところに
『どうしてあなたは問題点が特定できないの?』って、
言われている療法士がいました。

彼は、
問題動作とアセスメント結果が結びつかず、
お前はわかってないと先輩療法士に起こられていました。

・原因は何だろう?
・動作分析?
・解剖学の知識不足?

彼なりに理由を考えましたがさっぱりわかりません。

書店でそれらしい、難しい本を購入してみますが、
動作分析の書籍では、最初のモーメントの部分で挫折し、
そこから読み進める事が出来ません。

 

解剖学の本を通して、
骨や筋の名称、神経支配、関節の動きなどは、
国試対策で覚えたので知っていますが実際の目の前の患者さんを観察すると統合できません。

その内、
こう考えるようになってしまいました。

 

そもそも学校の教え方が悪いんじゃないか?
先輩だっておかしいよね?
人には、いろんな助言などはしているけど、
先輩の患者さんだってそんなに良くなっているわけじゃないような・・・。

 

自分ができない事を棚に上げて、
私に厳しく当たってるだけじゃないか?
と、なんか不当な扱いを受けているんじゃないか。

 

ホントはみんな分かっていないのに、うまくごまかしているんじゃないの?

 

みんなが出来て、私だけができない療法士だったら、
この世の中から、痛みや動作制限で苦しんでいる人、もっと減ってるはずでしょ!

 

問題点の抽出はセラピスト全員が行えているか?


彼は嫌になって、とりあえず話を聞くふりを逃げたり、
年だからと相手の会話に乗っかってうまくごまかす事をしていました。

そんな日が3年ほど続いたでしょうか。

 

先輩にはあきれられ、無視されるようになりました。
療法士の世界って広いようで狭いですよね。

 

「アイツって全然できないらしいよ。」

地域の療法士間にうわさが広がり、彼は逃げるようにその地域を去りました。

さて、ちょっとダークサイドの話ではありますが、
ここまでお読みのあなたには彼の問題点がわかりましたか?

彼の問題点は、

自分ができない事を棚に上げて、誰かのせいにしていたことです。

・学校が悪い

・先輩の教え方が悪い

・理学療法は本当はそんな力がないじゃないか?

・ホントはみんなだってわかってないのに嘘をついて知ってるふりしてるんじゃないか?

これ、全部他人のせいですよね。

 

そうして、
課題から逃げているときには問題は解決しませんでした。

 

彼は、次の就職先で、上司や仲間に支えられ、
心を入れ替えて課題と真摯に向き会うことができました。

そして、
原因が問題となっている居所ばかりにあるのではなく、
全身性の影響もありうること。

アセスメントとしてテクニックを行う事で、
問題点を絞り込むことができる事を学びます。

そうして学びを続けることで、全てとはいきませんが、
問題点をある程度絞り込むことができる問題点を、
解決できるようになりました。

 

と、ここまで書きつつも、
リハビリの現場で重要になることは、
問題点の抽出ができるようになることだけではありませんね。

評価→問題点抽出(考察)→治療(仮説検証)のサイクルを回すことです。
↓参考:https://iairjapan.jp/archives/23848

なのでIAIRでは、
コンセプトとして、ひとをみるというものをベースに考えています。

 

療法士の仕事では、
局所のみの課題にとらわれず、全身のつながり、
そして身体機能の枠を超えて生活背景を見ていく事が求められます。

 

実際にセラピストとして仕事をすると、
沢山の壁や課題を感じる事があるでしょう。

 

その時に大事なのは、考え方の枠組みを広げる事です。

 

アセスメント→プログラムの流れも大事ですし、
実際にテクニックで課題を消していって、
原因を特定するという手法も大切だと学びました。

 

長くなりましたが、これは私の話です。

 

療法士として、
「相手に興味を持ち、生活背景などにも関心を持つこと」
をしっかりと意識して臨床に臨んでいければと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございます。

IAIR理念や教育方針は↓こちら↓から。

IAIR認定インストラクター 川田 佳弘

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1300名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■■iairjapan.jp(※■■を@に変換して使用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
川田個人Facebook:https://www.facebook.com/yoshihiro.kawada.5

*******************************


Scroll to top