歩行の前に立位を見る 〜構えの重要性〜

歩行の前に立位を見る

 

前回は歩行を見る前に立位での重心の位置を把握していますか?

という内容でした。

 

 

 

今回はそこに関連した内容となっています。

 

 

 

歩行分析の前に立位を見る必要性。皆さんはどう感じているでしょうか?

 

 

 

動作には開始肢位と終了肢位があります。

立ち上がり動作なら、開始姿勢は座位、終了姿勢は立位になります。

 

 

 

では歩行は???

 

 

 

開始肢位も終了姿肢位も「立位」です。

 

 

 

立位に始まり、立位に終わる

そのため、歩行を見るのに立位を見ないなんてことはないですよね?

 

 

 

特に重要なのは開始肢位の立位。

 

 

 

開始肢位には、動作を開始する前の「構え」の意味があります。

 

 

 

自然に立っている時に、どんなアライメントで、重心はどこにあるか?

 

 

 

その「構え」がどうなっているか?によって、歩き出しが変わってきます。

 

 

 

立位姿勢が、猫背で重心は左前方に偏位している人が、

 

 

 

歩行を始めた瞬間から背筋が伸びて、重心がS2の前面にくる

ことなんてありません。

 

 

 

猫背のまま、重心は左前方にあったまま、一歩目を踏み出します。

その傾向のまま、「歩行動作」を行います。

 

 

 

動作には「構え」が重要です。

 

 

 

構えが変われば、その後の運動戦略が変わります。

 

 

 

剣道なら、上段の構えからは面は打ちやすいですが、

胴を打つには遠回りです。

 

 

 

「歩行前の構え」を変えずに、歩行中の動作のみを変えようとするのは、

「上段の構えから、面を打とうとしてるのに、途中から

胴を打てと修正している」

ようなものです。

 

 

 

途中から軌道修正はできないんです。

 

 

 

患者さんの歩行分析に困ったら、まずは「構え」から見直してみましょう。

 

 

 

そこに分析や治療のヒントが隠されているかもしれません。

 

 

 

今日はここまで

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

IAIR 理事

理学療法士 中嶋 光秀

 

 

 

→【IAIRセミナーページ】

https://iairjapan.jp/calendar

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1300名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top