リハビリで未だ浸透していないアプローチ

From.IAIR 福留良尚

 

IAIRのコースでは、頭蓋仙骨へのアプローチをお伝えしています。

普段聞きなれない名称かもしれませんが、いわゆる自律神経系の問題や免疫力に効果が期待出来るアプローチです。

ここで一つ疑問があります…

 

「リハビリテーションの現場でこのアプローチしている人、少ないですよね?」

 

私自身、病院に勤めている頃は見聞きしたこともなかったです。

メジャーなアプローチなのに、何故かリハビリの現場では見聞きしない。

 

時間が掛かるから?

難しいから?

 

確かに頭蓋仙骨へのアプローチは時間を要します。

技術的にも簡単ではありません。

 

しかし、確実に人が良くなるアプローチなのに何故でしょう?

 

これには、リハビリテーションで対象とされる患者さん利用者さんの身体的状況が関係している思われます。

 

頭蓋仙骨アプローチの対象

私たちが対象としている患者さん利用者さんは、何かしらの病気や障害を抱えています。

9割がそうでしょう。

病気や障害によって、身体機能が著しく低下し、筋力低下、関節可動域制限、バランの低下、ADL能力の低下を引き起こしています。

 

私たちは、その「足りなくなった機能を回復させる」ことを目的に、プログラムを組み、毎日のリハビリテーションを実施しています。

言葉にするなら「プラスのアプローチ」です。

足りない部分を補完するようなアプローチともいえます。

 

リハビリテーションとは、足りなくなった部分を元に戻すためのもです。

 

普遍的な活動

しかし、それとは関係なくクライアントは常に何かしら活動をしています。

呼吸をし、栄養を補給し、排泄を行い、空気中に存在するウィルスが体内に入ってきても抵抗する機能を常に働かせています。

人が本来持っている機能であり、病気をしようが障害があろうが、関係なく毎日止まることなく常に働き続けています。

 

ここを問題視しているセラピストはあまりいません。

生きている以上当たり前だと思っているのかもしれません。

 

頭蓋仙骨へのアプローチは、ここに焦点を当てます。

人が本来持っている生きるためにフル稼働させている機能、これが足りなくなったり止まるようなことはありませんが、何かしらの不具合が発生することは、かなりの頻度で見受けられます。

 

その一つが、診断のつかない不調、いわゆる不定愁訴と言われるものです。

 

不定愁訴(ふていしゅうそ)とは、「頭が重い」「イライラする」「疲労感が取れない」「よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指します。

生きるために常に活動しているこの機能に不具合が発生すると、上記のような症状が発生すると言われています。

 

これを読んでいる方も、一度は経験があるはずです。

 

年がら年中健康ではつらつとしている人もそう多くはないでしょう。

頭蓋仙骨へのアプローチは、人が生きる上で止めることのできない機能の不具合を調整する方法といってもいいでしょう。

 

リハビリの臨床では

ここで、一つ踏み込んで考えてみてください。

 

患者さんや利用者さんのこれらの機能に、問題はないでしょうか?

 

普通に過ごしている私たちでさえ、不調になることはあるのです。

脳の異常、骨折や慢性的な痛み、内分泌系の異常によって薬を飲み続けている患者さんたちの体の中の生きるための機能は、果たして正常でしょうか?

 

足りなくなった機能を上げるためのプラスのアプローチは必ず必要です。

しかし、人が「生きる」ためには、この頭蓋仙骨の問題を無視はできないのです。

今日も一生懸命リハビリを行うためには、前提としてこの部分が保障されていないといけません。

 

周囲の筋関節の固さや緊張感は、頭蓋仙骨系の本来の働きを阻害します。

 

長期間臥床が続いている患者さんはどうでしょうか?

骨折や手術によって患部が固くなっている患者さんはどうでしょう?

 

強い薬を飲んでいる患者さんにとって、それは「異物」です。

「副作用」という反応で、体を守ろう守ろうとするのです。

 

そんな状態の患者さん利用者さんの頭蓋仙骨系は、正常でしょうか?

特に今期のB-classを修了予定の方が、何故学ばないといけないのかを考えるきっかけになってくれればと思います。

 

それでは最後まで読んでいただけて感謝致します。

****************************************

一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

理事 九州地区 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:https://iairjapan.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/yoshihisa.fukudome

****************************************


福留 良尚

View posts by 福留 良尚
国際統合リハビリテーション協会常任理事 IAIR九州専任講師 理学療法士 コンディショニングサロン仁愛クリニカルルーム代表 3児の父 
Scroll to top