2019年を迎える前にやっておきたい3つのこと

2019年を迎える前にやっておきたい3つのこと【5年目を過ぎた療法士の君へ】(11)

前回は「インターネットをもっと教育で活用しようよ」というお話でした。

療法士の未来年表」のように、未知への不安で身動き取れなくなるのではなく、それぞれが今すぐできる事を始める。

それが療法士の未来年表を望む方向に書き換えることになると信じています。
だからこそ、今、5年目を過ぎてるあなたの力が必要です。

今日はあなたが2019年を迎える前にやっておくことベスト3を紹介します!

 

2019年まであと1週間!

2019年まであと1週間を切りました。

このたった一週間のなかで、一体何をしたらいいの?
そんな余裕はないよ、と思ってしまうかもしれません。

大丈夫。そんなに時間のかかることではありません。

やることは、この三つです。

  1. 2018年に達成したことを3つ思い出す。
  2. 2018年に達成できなかった事を3つ思い出す。
  3. 2019年にやりたい事を3つ書き出す。

です。それぞれ解説……いや、手帳とペンを準備して、書きながら先を読んでください!

 

1)2018年に達成したことを3つ思い出す。

2018年達成したこと

達成した事、やり遂げた事です。2018年の成果ですね。
もし年始や年度始めに立てた目標が達成したのなら、自分を褒めてください。

思いがけず遭遇した出来事だったけど、即座に解決できた事だってOK。

今年一年のポジティブな記憶を呼び起こしてください。

 

2)2018年に達成できなかった事を3つ思い出す。

2018年達成できなかったこと

3つで十分です。そして達成できなかった事に対してネガティブな感情を抱く必要はありません。

既に結果が出ており、過去のことです。むしろ、達成しなかった事をこの後どうするか、達成できなかった時にどんな対処をしたのかがポイントです。

 

3)2019年にやりたい事を3つ書き出す。

2019年やりたいこと

難しく考えないでください。

今、来年やりたいな、と思っていることは何ですか?

 

バイク乗りたい僕はCROSS CUB110を買って、乗り回したいな~とか、W600で自分の実家と妻の実家……東北巡りをしたいですね。

あ、一応渡邉理事や東北地区の皆さんに会うタイミングもつくりますよ笑。

 

このように、リハビリや、自分の成長にフォーカスしなくたっていいんです。

 

純粋で前向きな想い。気づいたらありありとイメージして、毎日頭から離れない。

そんな事を書き出してみましょう。

 

あとは手帳に挟むだけ。

メモ

3つを手帳に書き出しながら読んでいたなら、ほんの15~30分で終わったのでは?

 

実はこれ、一日を分で換算すると、たった2%程の時間です。

以前、自分を変革する毎日の積み重ねは1%だけでいい、とTuneUp講座などで話したことがありました。

一日の1%は14.4分です。1%の時間も取れないのでしょうか?

 

そんなことは無いです!
必ず1%の時間はあります!

 

この1%の時間を、あなたの2019年の為に使ってください。
先ほど書き出した内容を、手近な付箋やメモ紙、カードに書き起こしてください!

そして、毎日たった1%の時間、そのカードに書いてある事を読むだけ。

読むという行動をしていきましょう。

 

全ては行動次第。
きっと、あなたの望む2019年に近づいていきますよ!

 

と、今回は最もお気楽に2018年の棚卸しと2019年の成功イメージを作る事をお話しました。

まあ、説教くさく言えば、一日1%の変化を毎日繰り返せば、一年で90時間も変化の為の時間を使ったことになります。

変化の積み重ねが、あなたに変革を起こします。

2019年は変革の年。あなたも一緒に変革を起こしていきましょう!

副会長齋藤信
IAIR 副会長 齋藤信

追伸 1

IAIR会員限定でツーリング部とか作りたいですね。
会員の方は、オンラインサロンでMTGしませんか?

オンラインサロンの情報はこちら

 

追伸 2

今回のような話は、どちらかと言えばhands offアプローチ。
相手との信頼関係がなければ、hands offアプローチをしていくのも大変。

まずは相手に信頼される療法士を目指してみませんか?

その一つの方法が、IAIRコンセプトに基づくTGAです。

TGAの紹介はこちら

 

TGA(組織滑走法™️)が受講できる講義はこちら

 

Scroll to top