楽しく意欲を引き出す!!

皆さんこんにちは
IAIR関東日向寺です。

ますます寒くなってきましたね。
寒いからやる気が出ない・・・。
寒いから何もしたくない・・・。
患者様・利用者様だけでなく、私たちもよくありますよね。

それはもしかしたら、冬場の日照時間が関係しているかもしれません。

本日もOTさんに伝えたいことがあります。

何もしたくない!!

何もやりたくない。

あの人やる気ないみたい!

意欲低下だから・・・。

と患者様・利用者様から言われたり、他職種から言われたことありませんか?
対応がわからなくて諦めていたり、相手のせいだと決めつけてませんか?

意欲がでない方への関わりこそOTさんの腕の魅せ所なんです!!

あるものを味方につけると楽しく意欲を引き出せるのです。

それは・・・
ドーパミンを活用すること!!

聞いたことある方もいらっしゃると思います。

 

ポイントとしては3つ

  1. ドーパミンを知る
  2. 情報取集
  3. アクティビティに取り込む

 

 1)ドーパミンを知る

心の3原色の1つであるドーパミン

ドーパミンが出ることで何が良いか

ドーパミンが出ることで何が良いか
簡単にいうと
意欲向上・やる気を引き出す脳内物質なんです!!

アクティビティの中に取り込めば無意識に
楽しく意欲が引き出せることができますね!

実はOTさん気づいてないかもしれないかもしれないですが使っていること多いです。
出し方の例は競争!!

もちろんたくさん出れば良いわけではないです。
調整するしてくれる脳内物質もあります。
それは後日紹介します。

 2)情報収集

何もしたくない・・・。
意欲低下してる・・・。

なんで意欲が低下しているのだろう。
と考えた時、

患者様・利用者さんから言われたもの?
自分でそう感じたこと?
他職種から言われたこと?

誰からの視点ですか?
気にしてみてください。

そこから掘り下げてみてください。
どの情報がないですか?足りない部分は情報収集して探してみましょう。

何もしたくない・意欲低下しているという背景には
病態・服薬・環境・時間帯・栄養状態・睡眠状態・欲求の状態・興味・・・
いろんな要因があるかもしれません。

その人を知る。
リハビリの中で普段から行なっていることじゃないですか?

 3) アクティビティに取り込む

情報を整理したら次はアプローチですね!!
場の雰囲気作りでもドーパミン出ますよ。

皆様も経験したことあると思います。
それは運動会や体育祭!!
子供の時なんだか無性にワクワクしたりしてませんでしたか?

まさにドーパミンがでている場なんです!!

完全に同じ場面を臨床で作るのは難しいかもしれませんが
擬似的にその場を作ることにより、ドーパミンを味方につけれます。

曲をかけてみたり、声かけの仕方等で工夫できる点がたくさんありますよ。

これから私がリハビリの導入ワークとして
やっている例を紹介するのでよかったら一緒にやってみてくださいね。

用意するもの

  • ボールペン

運動会の曲を思い浮かべてください。
曲がかけられる方はかけてみるといいかもしれません。
鼻歌でもOKです。

やり方

1. 紙にボールペンで3㎝四方の正方形を描いてください
(フリーハンドでもOKです)
2.その正方形を塗りつぶします。

ただし!!1つ条件つけます。
今まで出したことのないくらい最速で!!

 

塗りつぶしてみてください。

複数名と一緒にやってみるとさらに効果的ですよ。
書字訓練の準備体操にも使えるのでよかったら試してみてくださいね。

まとめると

楽しく意欲を引き出すには・・・
ドーパミンをうまく活用して解決!!

ポイントとしては3つ

  1. ドーパミンを知る
  2. 情報収集
  3. アクティビティに取り込む

でした。
参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

IAIR関東 日向寺汐美

ドーパミンとアクティビティをもっと知りたい!!
臨床でたくさん使っているからこそ伝えられることがあります。
実際に臨床での活用の仕方を一緒に考えましょう!!

1月にOT限定のセミナーがありますよ。
こちらから〉〉〉

https://iairjapan.jp/events/event/otseminar-tokyo

《 【OT限定】脳科学的根拠に基づく作業療法構築入門講座   

講義内容

1日目

 -上肢テクニック

  • 橈骨頭調整テクニック
  • 手のアーチ形成テクニック

 -下肢テクニック

  • 腸腰筋リリース
  • 立方骨の調整テクニック

2日目

  • 脳内セロトニン分泌メカニズムと作業療法の関係

お申し込みは、こちら

そのほかの予定もご覧になりたいときは、
下記をご覧ください。

◆患者さんの問題点を解決する為の研修会

→PT・OT・ST 各限定講座も開催中!

【  IAIR関東 ニュース  】

【OTとしての働き方に迷っている、OTさん向けメルマガ 配信開始!】

OTとして笑って働けない…
自信を持って、クライエントの方とOTしたい…
OTサポーターの加藤がお届けする、OTによるOTのためのメルマガ
【『作業療法の効果=作業療法+◯◯』】創刊!

ご登録はこちら


Scroll to top