脳科学を味方につけて楽しく、臨床に取り組む!!

皆さんこんにちは
IAIR関東日向寺です

寒くなってきましたね。
いかかがお過ごしでしょうか?
脳の活動において季節によって
集中力を必要とする課題が得意な季節、記憶力を必要とする課題が得意な季節があるみたいですよ。

本日は特にOTさんに伝えたいことがあります。

臨床楽しいですか?

ぎくり。
そう感じた方もいらっしゃるかもしれません。
そんなことないよと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

どちらの方もあるものを味方につけるともっと臨床に自信が持てて、楽しくなるものがあります。

それは・・・
脳科学を味方につけること!!

脳科学と聞くと難しそうに聞こえますが、
実は普段何気なく、私たち作業療法士がアクティビティの中に取り込んでいるものもたくさんあります。

ポイントとしては3つ

  1. 心の3原色を知る
  2. 目的を明確にする
  3. TRY

 

1) 心の3原色を知る

科学的な根拠がわからずなんとなく、アクティビティを選択していたり、

他職種に遊んでないでリハビリやって!!と言われたり、

アクティビティがどうつながるのかわからない

こんなことはありませんか?

これは心の3原色を知らなかったから、

この効果を知らなかったから

出し方を知らなかったから

ちゃんと周囲に伝えられなかっただけじゃないでしょうか?

心の3原色

・ドーパミン

・ノルアドレナリン

・セロトニン

を知ることで他職種に今行なっているアクティビティについて自信を持って説明ができますよ。

詳しくはまた後日。

 

2) 目的を明確にする

心の3原色を知ったら、目的に合わせて選択することによって、

今行なっているアクティビティがより効果的になります。

何が目的なのか、また、ご本人の希望を聴きながら、ご本人の意図していることとイメージを擦り合わせていくことが必要です。

心の3原色を知るとリハビリの組み立てが楽しくなります。

 

3) TRY

ここまできたら実践あるのみです。
組み立てたものを実践してみて、再度調整していきます。

 

まとめると

OTが楽しく臨床を行うには・・・
脳科学を味方につける!!

ポイントとしては3つ

  1. 心の3原色を知る
  2. 目的を明確にする
  3. TRY

でした。

参考にしてみてくださいね。
最後までお読み頂きありがとうございます。

IAIR関東 日向寺汐美

脳科学とアクティビティについて1月にOT限定のセミナーがありますよ。
私はこのセミナーを受けてOTであることが楽しくなりました。

周りの目を気にしてビクビクと臨床やってたのが自信を持って臨床に取り組めるようになりました。
OTセミナーに本当に出会えて良かったです。
私を救ってくれたのはこちら〉〉〉

《 【OT限定】脳科学的根拠に基づく作業療法構築入門講座   

講義内容

1日目

 -上肢テクニック

  • 橈骨頭調整テクニック
  • 手のアーチ形成テクニック

 -下肢テクニック

  • 腸腰筋リリース
  • 立方骨の調整テクニック

2日目

  • 脳内セロトニン分泌メカニズムと作業療法の関係

お申し込みは、こちら

そのほかの予定もご覧になりたいときは、
下記をご覧ください。

◆患者さんの問題点を解決する為の研修会

→PT・OT・ST 各限定講座も開催中!

【  IAIR関東 ニュース  】

【OTとしての働き方に迷っている、OTさん向けメルマガ 配信開始!】

OTとして笑って働けない…
自信を持って、クライエントの方とOTしたい…
OTサポーターの加藤がお届けする、OTによるOTのためのメルマガ
【『作業療法の効果=作業療法+◯◯』】創刊!

ご登録はこちら

Scroll to top