患者さんに求められたこと、全てセラピストが やろうとしてませんか?

初心に立ち返ってみませんか?

こんにちは。
IAIRの渡邉です。

と、みなさん、突然ですが、
この職業を目指した理由は何だったでしょうか???

 

・自分自身がケガをしててリハビリの経験があるから
・知り合いにリハビリ関係の方がいて勧められたから
・テレビで見たから
・病院とか安定していると思ったから
・スポーツに携わりたかったから

 

などなど、
いろいろあると思います。

 

ただなんとなくリハビリ職種になったって方は、
このコラムは読んでいないと思います。

それでも読まれていたとしたら、
それは、間違いなく勘違いです笑。

 

僕自身はというと、
小学校から野球をやっていて、
高校野球の時、ポジションがキャッチャーで、
よく練習後に先輩ピッチャーのマッサージをしていて、
(正確には、させられていて…笑)

 

先輩に、

「気持ちよかったわー。」

って、言われて単純に嬉しかったんですね。

 

しかも、

その先輩が試合で活躍してくれたりすると、
なんだか、縁の下の力持ちっぽい!

俺、やるじゃん!!(まだ2年で補欠だけど)

って、こっそり喜んでました。
こういう経験から、

 


”人の為に何かするっていいなぁ”

”こういうことを、仕事に出来たらいいなぁ”

 

って、

思っている時に、ちょうどOBで理学療法士がいたので、
目指そうと決めました。

 

そんなこんなで楽しくやっていたのですが、
ここで僕は、大変な間違いを起こします。。。

 

先輩の身体を、
ほぼ毎日マッサージするようになったんです。

 

喜んでもらえると思って、うれしくてやっちゃう。

 

そうすると、先輩も頼ってくれて、
また嬉しくてマッサージやっちゃう。

みたいな流れ。。。

 

そうなると、何が起こるか。

 

先輩は自分でストレッチをしなくなりました…。

 

僕は、毎日その先輩をマッサージすることに、
必然的になってしまった。

 

いや、
自分の関わりが先輩をそのようにしてしまったのだと思います。

(先日、その先輩をお酒を飲む機会がありましたが、全くそんなことが忘れてましたけどね笑。)

徒手依存を生んでしまう現実。

と、前置きが長くなりましたが、

 

これ、どうでしょうか?
リハビリに現場でも言えませんか??

 

”すべては患者さんの為に”

 

この言葉。
一見間違うと、

 

患者さんが求めているものを、
こちらが何でも提供しないといけない。

 

と誤解が生じる可能性があると思います。

 

これは、どうでしょうか??

求められたことを、
なんでもこちらがやってあげる。

むしろやらないといけないんだ。

そんな関わりをしていると

 

自立できない、
自立しない患者さんなってしまいます。

 

個人的には、
若くて一生懸命な療法士ほど、
そのような傾向になりやすいような気がしてます。

 

関わりの最初が肝心。

 

もちろん、
患者さんの問題解決、プラスになることを提供していくという
大前提のもとに僕らは関わっていますが、

 

それが、
患者さんの先の人生を見た上で、
効果的な関わりなのか?

 

って、
言うのをきちんと考えないといけないですね。

 

症状が良くなったり、
動きやすくなったり、
良い方向に進んでるって一番実感してもらいたいのは、
患者さん、利用者さんご自身ですね。

(参考記事:リハビリの将来、機械に譲ることと譲らないこととは?答えはすごく当たり前なこと。

 

そのためには、

 

自分ごととして、
リハビリに臨んでもらうことが、
まず、スタートラインですよね。

 

すべては、患者さんの為に。

 

この言葉を、
誤理解せずに、日々の臨床でも関わっていきましょう。

 

患者さんに自分ごととして、
関わってもらうためには、
さまざまな視点、角度からの情報提供が求められると思います。

 

よく聞く言葉を使うと、

「引き出しを増やす」

って、ことなんじゃないかなと。

 

IAIRは、みなさんの引き出しを増やしたり、
整理整頓のお手伝いをさせてもらっています。

https://iairjapan.jp/iair-course-info

 

共に成長していきましょう。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇お知らせ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

全国各地でBクラスライセンスコースが始まって、
約1ヶ月が経過しているところもあるかと思います。

みなさん現場でトライしてみていかがでしょうか??

手応えを感じていたり、うまく行かなくて不安もあったりしませんか。
次のセミナーまでその悩みも少しでも、解決できればと思っております。

コチラから質問が投稿できます。

↓(画像をクリック

◯IAIRの公式LINEは登録お済みでしょうか?

まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。
お友達も続々増加中です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
常任理事 理学療法士  渡邉 哲

E-MAIL:tetsu-watanabe■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:https://iairjapan.jp

Facebookに登録する:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94

*****************************************************

Scroll to top