結果が出るテクニックの回数、時間は相手の体が決める

◇エクササイズの最適な回数?

「これ、1日に何回やればいいですか?」

そんな風に質問されたことはありませんか?

 

「5秒キープを10回の3セットやってください!!」

こういう声かけをよく耳にしますけど、何か根拠があるのでしょうかね???

 

どんな理由があるのか、わかりませんが、3、5、10が好きですよね、多くの人は。

キリがいいからですかね???

 

◇わかりやすさこそが王様

5秒にも、

10回にも、

3セットにも、

特に意味がない場面の方を多く目にしてきました。

だとしたら、何を優先して決めているのか?

相手への「わかりやすさ」の他に考えにくい。

 

5秒キープ、10回、3セット

覚えやすいですよね?

 

回数ややり方が複雑なだけで、相手のモチベーションは下がります。

シンプル イズ キング!

 

 

レジスタンストレーニングなどでは、種目によって、重さ(負荷)、回数、インターバル、フォームが根拠を持って広まっています。

なので、「筋トレ」を指導する時には、5秒・10回・3セットは何かしらの根拠に基づいている可能性があります。

4秒じゃない根拠が・・・

8回じゃない根拠が・・・

(真相はわかりません)

 

 

◇「柔らかくする」ことが目的の時は?

リハビリの場面では、「力をつける」目的のプログラムの他に、「固い体を柔らかくする」プログラムが多く行われます。

 

マッサージ、ストレッチ、筋膜リリースなどなど、「固い体を柔らかくする」手技は多く存在しますが、ここにも「回数、時間、頻度」の取り決めがあるのでしょうか?

 

 

結合組織の構造を見てみると、個体間の違いは大きいですし、個体内においても部位による違いは大きいです。

 

<Pick up> 「人の生きた筋膜の構造」著者による来日講演会 申し込み開始

 

あらかじめ回数や頻度を決めても、効果の出方にはバラツキが大きいことが考えられます。

 

 

 

◇オーダーメード

そのバラツキの大きさのせいで「柔らかくするための」プログラムにおけるその刺激量に関しては、セラピスト側が決定できないだろうことが考えられます。

 

では、誰が?何が?決めるのでしょうか??

 

「リハビリを受ける相手とその体」が最適な刺激量を決定すると言えます。

 

講習会などで

「そのテクニックは何回やるといいのですか?」

「そのテクニックは何秒間やるといいのですか?」

という疑問を持ったことがありますでしょうか?

 

それを決めるのが、「相手の体」なわけなのです。。。

 

 

手技のやり方によって

瞬間的に柔らかくなる場合もあるでしょう。

触れた感触が激変することもあるでしょう。

 

リハビリを受ける人の体次第で、「大きく変化する」こともあれば「変化量が少ない」こともあります。

 

論文に書いてある実験結果の何かと比べず、

うまくいった過去のケースと比べず、

先輩が担当しているあの人と比べず、

 

今、目の前にいる人の変化を追いかけて、それに対処していくことを指して、私はオーダーメードと表現します。

 

 

 

効果が得られない・・・

結果が出ない・・・

 

そんな時は

「その日の」セラピストの限界(技術・知識的な問題)

「その日の」相手の体の限界

の両方が混じり合って存在します。

 

 

そんな時、セラピストにできることは、セラピスト自身の限界を突破するべく「良い準備をする」こと以外ないかな、と感じます。

 

 

 

 

知識や方法を準備する時には「筋膜の機能解剖と徒手療法」でお手伝いできます。

 

臨床で結果が出せない原因が分かる!リハビリセラピストtune upセミナー評価と調整の為の触診 ”達人のタッチ”は、セラピストの体の準備に最適です。

 

 

 

*お知らせ

リハビリや世の中のことを斜めから見つめたメルマガ「福田のメルマガ」

毎週月曜日11:30にこっそりと無料でお届けしています。

登録はこちらから。

Scroll to top