ストレッチ

ストレッチング(以下、ストレッチ)は、
筋の過緊張の改善目的や、
身体の柔軟性を取り戻したいときなどに
良く利用されるプログラムの一つかと思います。

臨床でも良く利用される
ハムストリングスのストレッチ!

ストレッチをするとき、
対象の方にどのような声かけをしていますか?

・・

・・

・・

何かしら声かけをしながら行うと思いますが、
いかがでしょうか?

・・

・・

・・

「では、腿の裏を一緒に伸ばしましょう
 
「(手で触れて)ここをストレッチしましょう!」
 
「張りが感じるところまでゆっくり伸ばしましょう!」

など

・・

・・

・・

その結果、

可動域が上がったり、筋の緊張がゆるんだりと
効果がすぐに確認できた場合は、
いいのですが、

もし、効果がすぐに実感できなかったり、
結果が出ていない場合には、
あなたの声かけの仕方を変えることで
より良い結果がでるかもしれません。

◇ストレッチは無駄。もともと体が硬いです。

 

なかなか効果が出ないときに、
臨床で良く聞く言葉で

「私は、もともと体が硬いです」

という方がいらっしゃいます。

しかし、丁寧に確認してみると
ストレッチの方法が適切ではなかったり、
継続的な努力をされていない方が殆どです。

生まれた時から
体が硬い人はいないはずです。

その後の
生活習慣、運動習慣などによって
今の体が出来上がっているのです。

継続的に正しい方法で努力されている方は、
体の柔軟性は、確実に向上しています。

・・

・・

では、

ストレッチを行う際の「声かけ」による差を
3種類の方法で実際に感じてみましょう!
 

◇1.頸部の側屈

まず、一つ目。

座位、または立位で正面を向いて
頸部を左に側屈します。

その時の(自分への)声かけ、

その1)

「首の右の筋をストレッチします

ゆっくり首を左に倒しましょう!

・・

・・

ありがとうございます。

このときの左への倒れ具合や
右首の張り感を覚えておいて下さい。

では、次です。

その2)

「首を左に倒しますが
その時、左の首の横が縮まる
イメージでお願いします。

では、首を左に倒しましょう!

・・

・・

はい、ありがとうございます。

・・

・・

いかがでしょうか?

その1)

その2)

どちらが楽に感じましたか?

どんな違いがありましたか?

・・

・・

◇2.立位での前屈

今度は、立位で前屈をしてみましょう。

その1)

「腿の裏をストレッチします」

「ここ(大腿後面)が伸びる感じで
ゆっくり前屈しましょう」

・・

・・

はい、ありがとうございます。

このときの
床との距離を、
腿の張り感を覚えておいて下さい。

では、次です。

その2)

「鼠蹊部が縮んでいくのをイメージして
前屈してみましょう!」

・・

・・

では、お願いします。

・・

・・

はい、ありがとうございます。

・・

・・

いかがでしょうか?

その1)

その2)

どちらが楽に感じましたか?

どちらが、床に届きやすくなりましたか?

・・

・・

◇3.ハムストリングスの受動的ストレッチ

次は、背臥位で受動的なストレッチの場面を
考えてみましょう

その1)

「では、腿の裏をストレッチしますね」

という声かけでSLRをする。

・・

・・

目測で角度を計測する。

・・

・・

その2)

「鼠蹊部が縮まるイメージで
一緒に動かしましょう」

という声かけでSLRをする

・・

・・

目測で角度を計測する。

・・

・・

いかがでしょうか?

その1)

その2)

どちらのSLRの角度が大きかったですか?

◇声かけによる違いは?

以上、

1.頸部の側屈

2.体幹の前屈

3.背臥位でのSLR

において、

声かけの違いを感じていただきました。

3は、今すぐできなかったと思いますので、
次回機会がありましたら
確認していただければと思います。
先日、私がお会いした方からは、

「え!!こんなに違うんだ!!」

「人ってこんなことで変わるんだ!」

とかなり驚かれていました。
 

◇どこにフォーカスするか?

前回のメルマガ

『 私が使っていた“慢性的な腰痛”を生む説明!! 』

で、

【痛い や カタいは、

意識した途端に増強してしまいます】

【変化にフォーカスしてみましょう】

とお伝えしました。

今回の内容も
ハムストリンクグスを例にとると、

「ハムストリンクスをストレッチしましょう!

という声かけをすると

カタい 

に、ファーカスすることになり、
硬さが増強することが考えられます。

その反対が「縮む」ことを
意識していただくことは、
動きを意識していることになります。

生理学的には、
相反抑制が関与していることも
考えられます。。。

◇一つ一つ検証を

改めて、
ストレッチをする場面で、
ストレッチの対象となる部分を
意識していただく声かけをして
いることはありませんか?

正直、私もそのような声かけを
していたことがあります。

今回は、ハムストリングスのストレッチを例に
声かけによる違いについてお伝えしてきましたが、

我々が何気なく使っている

一言。

その一言の声かけによって
不必要な筋の緊張を
生んでいる可能性もあります。

そんな、不必要な結果を生まないためにも

いつも、 謙虚  に、
そして、 好奇心 をもって

検証を重ねていきたいですね。
すべての人々の“ハッピー”のために。

****

複合的腰痛アプローチ
IAIR Lumber back Pain Technology(ILPT)主宰

赤羽秀徳

****

追伸

 

多くの方にご登録いただいております。

ILPTセミナー・コースの予習、復習となるとともに、
【温かなコミュニケーション】のコツなどもお届けしています。

【ILPT便り】の配信を希望される方は、
こちらをクリックすると簡単に登録できます。

>>>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSrpbEvIRnM

【IAIR各地のセミナー情報】

からだの症状に対して短時間で解決できる方法を
学ぶコースが各地で開催されています!

お近くの会場をご確認ください。

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account