内転筋管での神経絞扼の評価方法の1例など【理学療法 実践の手引き Vol.84】

皆さんこんにちは。

IAIR関東の藤田智史です。

 

大内転筋の腱膜が、内側広筋に下りてきて内側にへばりつき管ができる。これが内転筋管となる
大腿動静脈が通る管が内転筋管である

伏在神経は大腿動静脈を一緒に内転筋管に入るが途中で別れ内転筋管から出てくる
内転筋管の出口を内転筋腱裂孔という

ウキペディアより

内転筋管(ハンター管)

強い結合組織の膜(広筋内転筋板)が張って作られる
内側広筋、縫工筋、長内転筋・大内転筋に囲まれた部分ですね。

大腿動静脈および伏在神経が走行するとされています。

伏在神経は膝内側部~下腿内側部のを近くしています。

パテラセッティングをして内側広筋の縁を探すなどでも
おおよその場所の検討ができます。
(脈の拍動を感じられる場合もあります)

 

評価の一例

坂上2)らは絞扼性伏在神経膝蓋下肢障害は膝関節内側部に疼痛をきたし
しばし出階段昇降時に疼痛増強するともされており、

膝OAと診断され見逃されやすいともされています。

①.膝内側部の知覚異常 
②.膝内側裂隙より約10㎝近位に著名な圧痛 
③.圧痛点に局所麻酔剤注入し症状が消失

上記の症例に対して神経剥離を5症例5膝に対して試行し
良好な成績であったとしています。

術後の追跡期間は2カ月~3年(平均1.5年)で痛みの再発はなかったとしています。2)より

 

③の評価はコメディカルにはできませんが、
①・②に関しては我々にも利用できるものではないかと考えます。

 

この部分のテンションを緩めるためには超音波などの物理療法なども
効果的ですが、一時的な効果になってしまうため

少なくとも内転筋管を構成する筋群の滑走などの介入は必要になってきそうですね。
参考程度にこのような文献もあります。
当院における人工膝関節置換術後の膝関節屈曲時痛についての検討

(もっと全体性を考えれば運動連鎖や二関節筋、姿勢などの影響もありますね)

股関節の影響、荷重位での上行性運動連鎖の問題など…

 

 

内転筋腱裂孔

内転筋裂孔には大腿動静脈が走行していますね。

大内転筋は大腿骨内側上顆の若干近位にある内転筋結節に付着しています。
(大腿骨内側上顆に触れたらそのまま近位にたどっていくと内転筋結節になります)

この内転筋結節周囲の部分も圧痛があることも臨床上多く感じます。

教科書的ではないかもしれませんが、この内転筋結節周囲の大内転筋などの緊張が緩むと
脛骨内旋可動域が改善することも臨床上経験します。

 

また、この部分から大腿動静脈は膝窩へと走行しており
膝窩への循環に対しても関係していますね。

 

また、抹消の循環特に静脈による排液を促すためには
呼吸や腹部の力が必要になってくる場合もあります。

(※大まかにいうと腹部と胸廓の内圧変化により静脈還流が促され抹消の静脈も
吸い上げられるように心臓の方へ血流が返っていくような感じです)

動作時に体幹を使えるようになるためのアプローチ法

 

膝の解剖触診などの記事のまとめ

内側半月板と○○筋と骨運動
鵞足部の触り分け
縫工筋を指標に探す神経~股関節外側部と膝関節内側部の知覚~
3つの線維の内側側副靭帯と外側側副靭帯

 

参考、引用文献・画像

1)Visible Body Muscle Premium

2)坂上彰彦ら著:絞扼性伏在神経膝蓋変下肢障害の5例 中部整災誌 2005

お読みいただきありがとうございました!

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

 

///////////////////////////////////////////////////////
—●○ IAIR 講習会のご案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

評価が苦手な療法士の為のシンプル歩行分析とアプローチ法

新人セラピストでもテクニックの効果を最大限生かせる 歩行の分析法、アプローチの方法をお伝えいたします!

このセミナーでは臨床で結果が出せなかったセラピストの為に、
今行っている歩行分析をより簡単に行う方法をシンプルにお伝えします。


肩関節に対する徒手的アプローチ

肩関節疾患に対する考え方を構築できるようになります!

肩甲帯

このセミナーでは、肩関節疾患の患者様との信頼関係を作り上げながら、
難渋しやすい肩疾患へ確実にアプローチする方法をお伝えします。

 

膝関節機能解剖に基づく徒手アプローチセミナー

膝関節疾患の患者様との信頼関係を作り上げながら、確実に治療結果を出す方法をお伝えします。

このセミナーではシンプルで効果の出しやすい筋膜、関節への徒手アプローチと、膝関節に起こりやすい病態の説明と解決方法が学べます。

 

膝の痛みの原因を3つ挙げられますか?

Scroll to top