足関節○○位と立位、歩行【理学療法 実践の手引き Vol.9】

FROM:藤田智史

 

 

前回は、足関節内反捻挫と腓骨の関係についての内容などでしたね。

 

足関節内反の話が出ましたので、内反位すなわち距骨下関節回外位が過度に起こった場合は、

下図のような連鎖が起こることになります。

連鎖

 

単純に内反のまま踵接地すれば、外側に荷重がかかりそうですよね。

そうすると膝の内反を助長することにもなりますね( ゚Д゚)

(一般的な運動連鎖:

距骨下関節回外(内反)→膝関節伸展・内転(内反)・外旋→股関節伸展・外転・外旋→骨盤後傾・後方回旋)

 

逆から見れば、骨盤から足部へ影響を及ぼすことにもなりますね。

 

こういった観点からも、足関節の制限が他の関節に影響を及ぼしてきます。

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

IAIR関東

認定インストラクター 藤田 智史

 

参考文献

1)山嵜 勉著:整形外科理学療法の理論と技術  メジカルビュー社  1997/4

2)市橋 則明編:運動療法学―障害別アプローチの理論と実際  文光堂  2008/3

 

 

///////////////////////////////////////////////////////
—●○ IAIR 講習会のご案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

評価が苦手な療法士の為のシンプル歩行分析とアプローチ法

新人セラピストでもテクニックの効果を最大限生かせる 歩行の分析法、アプローチの方法をお伝えいたします!

このセミナーでは臨床で結果が出せなかったセラピストの為に、
今行っている歩行分析をより簡単に行う方法をシンプルにお伝えします。


肩関節に対する徒手的アプローチ

肩関節疾患に対する考え方を構築できるようになります!

肩甲帯

このセミナーでは、肩関節疾患の患者様との信頼関係を作り上げながら、
難渋しやすい肩疾患へ確実にアプローチする方法をお伝えします。

 

膝関節機能解剖に基づく徒手アプローチセミナー

膝関節疾患の患者様との信頼関係を作り上げながら、確実に治療結果を出す方法をお伝えします。

このセミナーではシンプルで効果の出しやすい筋膜、関節への徒手アプローチと、膝関節に起こりやすい病態の説明と解決方法が学べます。

 

膝の痛みの原因を3つ挙げられますか?

Scroll to top