○○に負担のかかる姿勢って?【理学療法 実践の手引き Vol.5】

FROM:藤田智史

 

皆さんこんばんは。

 

IAIR認定インストラクターの藤田智史です。

寒い日が続いていますが体調の方はいかがでしょうか?

 

前回はうさぎで見ましたが、今回は人体で見ていきたいと思います。

無題1
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園部俊晴先生2)は身体にメカニカルストレスを与える要素として

  • 身体重心、
  • (姿勢を含めた)体幹アライメント、
  • 局所の関節肢位

が影響を与えると説明しており、

体幹アライメントで大きく影響を与えるのは骨盤であると述べています。

 

今回は静止立位の状態で、骨盤の変化に対して下記の図を見ながらどうなるか見ていきましょう!

緑の部分が筋活動が多く要求される部位になります。

 

後傾

 

<骨盤後傾位>

上半身質量中心後方,重心位置後方となります。

福井先生1)がおっしゃられるように「現在考慮する関節から上部

にある質量中心位置が,水平面上その関節からどの程度離れている

か」で関節モーメントを評価するため

この場合、各々の関節の上の質量中心が後方を通るため股関節、

膝関節、足関節すべて前面の筋活動が増加することになります。

 

 

前傾

<骨盤前傾>

上半身質量中心前方、重心位置前となります。

上半身質量中心は股関節・膝関節前を

重心位置は足関節前を通ることになり、

下肢後面活動が高い状態になります。

 

 

 

 

 

後方移動

 

<骨盤後方移動>

上半身質量中心前方,重心位置後方となります。

上半身質量中心は股関節・膝関節前を通り、

重心位置は足関節 後方を通ることになり

ハムストリングスおよび下腿前面筋の活動が高い状態になります。

 

 

 

 

前方移動

<骨盤前方移動>

上半身質量中心後方,重心前方となります。

上半身質量中心は股関節の後ろを通り、

重心位置は足関節の前面を通ることになります。

すなわち、大腿前面筋と下腿三頭筋の活動が高くなる。

この姿勢はアキレス腱炎でよくみられる姿勢で、ハムストリングス収縮力は弱いことが多い状態となります。

 

 

今回は静止立位の状態で見ていますが、観察の目的とする関節の状態も大切ですが、その関節にかかるメカニカルストレスはその関節よりも上にある身体組織によっても変化することになるのです。

(もちろん局所下節の状態も大切ですよ!)

いかがでしたでしょうか?

 

骨盤の状態ひとつで上記のように、要求される下肢の筋活動も変化してきます。

【常に繰り返しメカニカルストレスがかかる】

このことを考えると、痛みを訴える部分がある場合、その筋力が足りないだけで しょうか?

 

今回は健常者が骨盤の肢位を変えた場合での話となりましたが、これに加えて各関節の拘縮などによっても変化する場合もあります。

どのようにこれらを変化させていくかといったことも今後私の考えをお伝えしていきますね。

お読みいただきありがとうございました(^^)

参考文献:

1)山口光圀ら著(2009) 結果の出せる整形外科理学療法学  メジカルビュー社

2) 園部 俊晴    運動連鎖を応用した動作分析     ジャパンライム株式会社

///////////////////////////////////////////////////////
—●○ IAIR 講習会のご案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

評価が苦手な療法士の為のシンプル歩行分析とアプローチ法

新人セラピストでもテクニックの効果を最大限生かせる 歩行の分析法、アプローチの方法をお伝えいたします!

このセミナーでは臨床で結果が出せなかったセラピストの為に、
今行っている歩行分析をより簡単に行う方法をシンプルにお伝えします。


肩関節に対する徒手的アプローチ

肩関節疾患に対する考え方を構築できるようになります!

肩甲帯

このセミナーでは、肩関節疾患の患者様との信頼関係を作り上げながら、
難渋しやすい肩疾患へ確実にアプローチする方法をお伝えします。

 

膝関節機能解剖に基づく徒手アプローチセミナー

膝関節疾患の患者様との信頼関係を作り上げながら、確実に治療結果を出す方法をお伝えします。

このセミナーではシンプルで効果の出しやすい筋膜、関節への徒手アプローチと、膝関節に起こりやすい病態の説明と解決方法が学べます。

 

膝の痛みの原因を3つ挙げられますか?

 


Scroll to top