シンプルに素早く身体重心の位置を見る【理学療法 実践の手引き Vol.2】

FROM:IAIR認定インストラクター藤田智史

 

 

皆さんこんにちは。

IAIR認定インストラクターの藤田智史です

前回は自己紹介とこのコラムシリーズの

おおまかな内容で終わってしまいました。

 

今回からなるべくシンプルに

現場で使える情報をお伝えしていければと思います。

 

 

さっそくですが、

『身体重心の位置を見る』

臨床上では、誰もが聞く言葉ではないでしょうか?

 

重心位置を求めるには

  • ・三次元動作解析装置などによって重心位置を解析する。
  • ・学校では直接法または間接法で身体の各関節の重心を導き出す。

ことを行ったのではないかと思います。

 

臨床上ではそこまでの手間や時間をかけられることはなかなか無いです。

 

成人では身長の55~56%あるいは第2仙骨高位に位置することから,立位姿勢においては見やすいでしょうが、動作中となると誤差が大きくなってしまうことが多いです。

 

そこで今回ご紹介するのは、

上半身質量中心と下半身質量中心の観察です。

 

(ここでは、それぞれ上半身,下半身の質量中心位置を上半身質量中心および下半身質量中心とよぶことにします)

 

肢節体重比より位置を算出すると,

上半身質量中心は第7~9胸椎高位,

下半身質量中心は大腿部の中央と中上2/3点の間に位置することになります。

IMG_1248IMG_1249

この両点の中央位置を身体重心仮想点としてみていきます。

この2点を観察して,その線を結んだ中点を身体重心とすることでおおよその重心位置としてみる方法です(上半身・下半身の質量比が変わることで若干の変化はもちろんあります)

 

この方法であれば上半身・下半身の

2点の重心を見てその中間点を目安とすることで、

動作中の重心の位置を簡易的に求めることができます。

いかがでしょうか?

この方法なら明日から臨床にすぐに組み込めるのではないでしょうか?

 

試してみてください(^_^)/

次回は、この重心の見方を少し応用していきます。

 

藤田智史
認定インストラクター藤田智史

 

追伸 1

静止立位ならそのまま中心見ればいいじゃん。

と思うかもしれませんが、静止立位以外はどうですか?

この方法はとても応用できますよ^^

参考文献:

山口光圀ら著(2009) 結果の出せる整形外科理学療法学 メジカルビュー社

市橋則明編集(2008) 運動療法学 文光堂

 

///////////////////////////////////////////////////////
—●○ IAIR 講習会のご案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

評価が苦手な療法士の為のシンプル歩行分析とアプローチ法

新人セラピストでもテクニックの効果を最大限生かせる 歩行の分析法、アプローチの方法をお伝えいたします!

このセミナーでは臨床で結果が出せなかったセラピストの為に、
今行っている歩行分析をより簡単に行う方法をシンプルにお伝えします。


肩関節に対する徒手的アプローチ

肩関節疾患に対する考え方を構築できるようになります!

肩甲帯

このセミナーでは、肩関節疾患の患者様との信頼関係を作り上げながら、
難渋しやすい肩疾患へ確実にアプローチする方法をお伝えします。

 

膝関節機能解剖に基づく徒手アプローチセミナー

膝関節疾患の患者様との信頼関係を作り上げながら、確実に治療結果を出す方法をお伝えします。

このセミナーではシンプルで効果の出しやすい筋膜、関節への徒手アプローチと、膝関節に起こりやすい病態の説明と解決方法が学べます。

 

膝の痛みの原因を3つ挙げられますか?

Scroll to top