作業に必要な立方骨の調整 その2『作業療法の効果=作業療法+◯◯ その19』

みなさん
こんにちは
OTサポーターの加藤です。

前回の投稿では、
作業に必要な立方骨の調整
でしたね。

 

みなさんは
試していただけたでしょうか?
OTでも下肢を見ないとダメですよ~(笑)

上肢操作はimage
下肢・骨盤・体幹の
安定性があってこそです!!

では、
本当に下肢を見ないと
上肢操作が向上しないのでしょうか?

 

そこで、
今回は実際に私が経験した
症例をご紹介していきます!!

 

今回のテーマは
『作業に必要な立方骨の調整 その2』です!

 

それは・・・

 

前回も書きましたが、
私はこのテクニックを肩の可動域向上のために
多用していました!

そのきっかけになったのが
70代の女性でした・・・

その人の主訴は2e0be1386bcce24e6c9f7878e2b0e6fb_s
『洗濯ものが干せないんですよ・・・』

よくききまいすね~
実は、肩周囲炎のために痛みが強く
肩の挙上制限がありました。

この肩の痛みですが
上肢のテクニックにより直ぐに改善できました。

しかし、
プラットフォームでは可動域に問題ないのに
立位ではいかない・・・
その人からも
「痛みはとれたけど・・・
洗濯物はまだ・・・」
とのことでした。

そこで、注目したのが
足部でした。
もともとOAがあり円背も進んでいます。
内側アーチも崩れ
立位姿勢に影響が出てしまっています。
私は試しに立方骨の調整をしました。

そうすると
内側アーチが形成され
姿勢も改善!!
骨盤と体幹の安定が出たおかげでc2010072012443615_1
肩の挙上も問題無し!!

その人から翌週
「先生干せたよ!!」
と他の方のリハビリ中にお構いなしに
笑顔で話しにきました!(笑)

その時は
2人で喜んでいましたよ~
その後、
立方骨調整後のADL訓練も取り入れ
立位バランスも向上し
生活では問題なく自由に肩の挙上ができるようになりました!!

IAIRテクニックで土台を作り
ADL訓練!!

この流れができた症例ですね!!
みなさんも
ぜひ試してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

OTとして自信を持って働けていますか?

皆さんが自信を持って
作業療法を実施できる様サポーターとして活動していきたいと考えてます。

 

この活動の一環として、脳科学的根拠に基づく作業療法構築入門講座
を開催しています。

 

【 脳科学的根拠に基づく作業療法構築入門講座    】
詳しくはクリックで!

IAIRテクニックとアクティビティを結びつけることで、作業療法の効果がより向上します!!

私たちIAIR関東のOTチームがそれぞれの体験をもとにセミナーを作りあげました!!

ぜひ、OTの方々に受講していただき、次の日から作業療法に自信を持って患者様・利用者様の前に立ちましょう!!

お申し込みは、こちら

 

【 その他の講習会情報 】

《 トイレ動作に必要な体幹評価とアプローチ法   


講義内容

  • 立ち上がりに必要な体幹機能
  • 体幹機能の評価と解釈(Finger floor distance (FFD) 検査)
  • 体幹に影響を及ぼす3つの原因(上肢・下肢・体幹深層筋)
  • 問題点に対するアプローチ法
  • 上肢・下肢・体幹深層筋に対するアプローチ

お申し込みは、こちら

 

《 食事動作に必要な肩の評価とアプローチ法   

お申し込みは、こちら

そのほかの予定もご覧になりたいときは、
下記をご覧ください。

 

 

IAIR認定インストラクター
作業療法士
セロトニントレーナー
加藤淳

Scroll to top