療法士が向き合うのは、”◯◯と考える”と信用が積み重なる。

“ひと”をみるって、なんだ?

先週のコラムでは、
社会貢献できるセラピストってなんだ?という視点で、
“ひと”を見ることの大切さをお伝えしました。

コラムの中でも一言書いてありますが、
「病気をみるな、ひとを見ろ」
という言葉がありますが。

 

もう一段階つけるとしたら、


「病を見るな、病気を見ろ。」

「病気を見るな、ひとを見ろ。」

ということが、加えられるんじゃないかなと思っています。

 

僕の中で、

==============================

「病」ってのは、
疾病、障害、現代医学的なトラブル(検査データの異常値)という基準で、

 

「病気」っていうのは、
その病の状態に至っている時の、その人自身の身体状態や精神状態のこと

==============================

というふうに、考えています。

 

そして、

=======================

「ひと」っていうのは、病気の状態に至るまでの、
身体状態や生活環境や人間関係や思考習慣に関してであったり、
今後どのようにしていきたいという思いがあるのか

=======================

そういう視点です。

 

でも、今こうやって文章を書きながら、
振り返ると、「病をみるな」っていう前に
「病を見ろ」って言わないといけないと感じています。

 

医学的な現状をきちんと把握、肯定、受け入れることは、
スタートラインに立つことになります。

 

だから、ここはちゃんと病をみることは必要ですね。
ある意味での、障害受容とも捉えられるでしょうか。

 

もちろん、私たちがリハビリテーションの現場で関わる
患者さんや利用者さん自身は、
「病」に重点をおいています。

 

療法士としては、
まずは、そこにきちんと寄り添わないといけません。

 

仮に、初回のリハビリテーションで、
「生活習慣を直しましょう。」
なんて言ったとしても、直してくれるか?ってことです。

 

患者さんや利用者は
眼の前に起きている症状や状態に対しての、
変化、改善を求めています。

 

その変化や改善のための一つの手段が、
「徒手療法」なんです。

 

そこでの関わりで、
患者さんからの信用を積み重ねることに繋がりますよね。

 

 

IAIRでは、このような関わり方を、
マルチファクターとシングルファクターの概念として、
行動に移しています。

マルチファクター

もちろんそこに至る前段階で、信用に関わること往々にしてあります。

 

 

信用できる人・信用できないひとの特徴と見分け方
(引用:タウンワークマガジン)
という記事の中には、信用できるひとの特徴として

 

==================

・約束を守る
・時間厳守
・口が堅い
・人の悪口を言わない
・聞き上手
・他人のために行動できる
・言い訳をしない

==================

などなど、他にもありますが、
言われてみれば当たり前ですよね。

 

患者さんとのリハビリの時間って守れてますか?
スタッフの愚痴とか患者さんにこぼしてませんか?
ちゃんと、患者さんと目線を合わせて、話を聞けていますか?

 

患者さんや利用者さんも、
セラピストである私たちも、
みんな、”ひと”です。

 

そこを忘れないようにしていくことが、
大事ですよね。

 

こんな視点で、
IAIRは患者さんや利用者さん、また一般の方に対しても関わっていきます。

私たちは、リハビリ職種の確実な成長を約束する臨床教育機関です。

共に成長していきましょう。

それでは、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇お知らせ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。
お友達も続々増加中です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
常任理事 理学療法士  渡邉 哲

E-MAIL:tetsu-watanabe■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:https://iairjapan.jp

Facebookでフォローする:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94

*****************************************************


Scroll to top