こんにちは

IAIR関東の日向寺です。

みなさんは、患者様にリハビリの介入を拒否されたことありますか?

私も経験したことがあります。

リハビリ介入の拒否の時にどうしていますか?

  • 1)うろたえる
  • 2)ごまかしながら介入する
  • 3)(時間を変える等)無理やり介入する

以前の私はどうするのが良いのかわからず、拒否されてしまったということにショックを受け、このように行っていました。

 

そもそも、リハビリ介入の拒否の理由は??

•やる気ないから?

•意欲の問題?

 

シンプルに「嫌」だからです。

 

何が嫌なのかは患者様によっても変わります。

•いつ拒否しているのか? いつも?今日だけ?

•どんな場面で拒否しているのか?

•誰に対して拒否しているのか? 自分だけ?一部の人だけ?関わる人全て?

•何に対して拒否しているのか?

 

意欲低下と違うの?

広辞苑によると

「意欲は①積極的に何かをしようと思う気持ち、②種々の動機の中からある1つを選択してこれを目標とする主観的意志活動」

と説明されています。

行動を起こすための力ですね。

おや、拒否というのは患者さん自らの行動ではないですか?

〇〇はしたくない!!との欲求から、起こした行動が拒否だった。

〇〇という欲求が満たされてないから、結果、〇〇はしたくない!

むしろ、意思表示をしており、意欲が低下しているわけではないのではないでしょうか?

 

リハビリ拒否の対応はどうしたらいいの?

嫌がることはしなければいいんです。

相手がどのように思って、どう考えているのかを知ろうとするのは大切だと思います。

本人がお話したいようであれば

お話して確認してみて、一緒に解決方法を探すのも1つです。

こちらが改善できることがあれば対応してみて、再度関わってみるのも1つです。

もし、体調が理由であれば観察やバイタルサインからわかることがあるかもしれません。

 

今までどんな生活を送っていたのかもヒントになるかもしれません。

そもそもリハビリを行いたいのはこちらの都合なのではないでしょうか?

 

私たちが相手をしている方は誰ですか?

どんな方ですか?

 

疾患だけでなく、どんな人生を歩んできていた方ですか?

その方の人生という物語はなんですか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

IAIR関東 日向寺汐美

 

9月開催!新B-class講義!

IAIR独自開発したリハビリの新常識! TGアプローチ!
ジワジワと各地の療法士さんからレビューが届いております!

「学術的裏付けやコンセプトが理解しやすかったです。骨タッチ、骨格系、筋膜系の概念は形を変えつつ学びなおしていけばいいですね!

強化学習参加も大歓迎!

全国9月同時開催!IAIR認定講座で全てお伝えします!

>>> 近日開催講義一覧はこちら

IAIR Concept

 

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account