背景を考えられる人の特徴【国際事業部 Step.54】

IAIR(国際統合リハビリテーション協会)
国際事業部より

 

ハロー!
IAIR国際事業部 所属の
吉田頌平です。

本日のテーマは、「考察」です。

先日、同じクライエントを見ていても
その方の背景を深く考察する「深み」みたいなものが
セラピストそれぞれ、違ってくるんだなぁって
改めて感じたことがありました。

もしできるなら、一瞬でいいから
セラピストの頭の中を交換してみて
それからクライエントの頭の中と
考え方を照らし合わせて
より効果的なリハビリを提供できるようになりたいって
思ったこと、ありませんか?

そこで、
相手の背景を深く見通すことができる人に
共通していることってないのか…?
を、考察してみました。

 

【ツッコミの質】

背景を深く考察するプロセスは、
簡単にまとめると、下記の2つだと思います。1. 現象に対してツッコミを入れられること
2. 自分なりに解釈すること『一億総ツッコミ時代』の著者、マキタスポーツこと槙田雄司さんは
ツッコミを

自分と他人の会話を編集する技術。
(1 より引用

と表現しています。

ツッコミ(= 編集)を入れる時に、
・教科書から参考情報を引き出してくるのか?
・論文から、統計情報を引き出してくるのか?
・自分が観察した情報を引き出してくるのか?
・クライエントから情報を引き出してくるのか?
・家族や周りの人から情報を引き出してくるのか?
・他部門の人から情報を引き出してくるのか?

ツッコミのベースとなる情報を、
いろんな方向で、かつある程度の深さを知っていることは
とても重要になります。

そのため、
「自分は今の段階で、どんな分野のことを
 知らないのか?」
を把握することで、

ツッコミの幅やツッコむ視点、深さは
大きく変わってきます。

 

【そのツッコミに愛はあるか?】

例えば、リハビリの養成校で学んだ分野から
心身機能について知らない視点を
再度確認したり…

毎日お会いしているクライエントの方が
話してくれている昔の話であったり
地元の話、仕事の話について
ネットや本で調べてみたり、
関連するテレビ番組を見てみたり…

どの角度から、まだ考えたことがなかったのか
自分の思考を整理することで
背景を深く理解することに近づいていくと思います。

そして、背景を深く理解する上で最も大切なのは、
「クライエントの方に、良い生活を送ってほしい」
と思えることです。

いかにツッコミが鋭くても、
鋭すぎてクライエントの心を傷つける話し方になっていれば
そもそも「クライエントとのリハビリを、より効果のあるものにしたい」
という目的から離れちゃいますよね?

Bregginが提唱する「共感的理解」をベースとした治療理論を
在宅リハ・ケアに応用し、
継続的な在宅支援が高齢者のQOLへの影響に関する調査(2 でも、

「共感的理解」がないリハビリでは
QOLの改善は見込めなかったと報告されています。

つまり、クライエントに対して
自分がツッコメていない視点は何かを考えつつ
愛情をもって関われる人は、
背景を深く理解できるんだろうと考えます。

 

 

【傾聴してますか?

愛情をもって相手と接する方法が
よく分からない…

私自身も、そう感じていました。

振り返ってみると、
相手の言葉にバシバシ突っ込んで
相手の言葉を聞く努力をしていなかったときは
リハビリもうまく行かなかったことが
多かったと思います。

なので、まずクライエントが話す言葉を
そのまま聞くことを意識していました。
もちろん、クライエントの方に
良くなってほしいからです。

そこで次に出てきた悩みは、
「結局、何を話しているのかがまとめられない…」
という点でした。

この苦労をもとに、体系的にまとめたものが
【YES! プレセミナー】です。

もし、患者さんの話を整理して聞けない…と感じられたときは
英会話で相手の言葉で
相手の意見をまとめる技術を身につけることを
おすすめいたします。

療法士のための英会話講座【YES! プレセミナー】では
簡単な英会話を用いて、コミュニケーションのコアを
習得することができます。

英会話が苦手な方でも
楽しく学べる内容となっておりますので、
ぜひ、ご検討ください。

***********************************************
療法士のための英会話講座【YES!】
》》》https://iairjapan.jp/yes
(本講座は、対面式オンラインセミナーです。)

《 プログラム一覧 》

YES!プレセミナー
【 内 容 】
・英会話をマスターするための《3つのルール》
・勉強のための英語を、話すための英語に変える方法
・高速でリスニング↔︎翻訳できるマインド養成法
・考えたことを、英語でシンプルに伝える

【 開 催 日 時 】
《第16回目》
日時:2018年9月21日(金)20:00 ~ 21:00

【YES!プレセミナーへのお申し込みは、こちら】

************************************************

*引用資料

( 1 )   槙田雄司. 一億総ツッコミ時代.星海社新書.2012.

*参考資料

( 2 )  今西 美由紀. 在宅ケアサービスを利用する高齢者のQOLに関する研究. 2017. 大阪府立大学 学術情報リポジトリ(大阪府立大学大学院 総合リハビリテーション学研究科博士学位論文).

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

IAIR国際事業部

吉田頌平

【著者プロフィール】

2012年4月:作業療法士免許を取得
6月:カナダへ留学

2012年9月〜2013年9月:
カナダのクリニックへ
1年間勤務したのちに帰国

2013年12月〜:
急性期〜生活期の方々を対象に
整形外科の病院・クリニックへ勤務

現在:
IAIR関東支部で
インストラクターを務める傍で

国際事業部を担当しており、
IAIRの国際化を推進しています。

 

【P.S.】

【ミニコーナー「本日の英単語」】

旅先でも英語が使えるようになるための
「本日の英単語」コーナー!

まとめチャンネルを作成してます。

こちらから、ぜひご覧ください!

 

》》https://youtu.be/XsfR3TpJhg8

 

 

Scroll to top