脳血管疾患の問題点で「随意性の低下」を第一にあげていませんか。

随意性の低下は、優先順位が高いか?

 

このお盆の時期は、
回復期リハを担当されている方は、よく感じるところから思いますが、
外出、外泊をできるだけ行ってもらうということはありませんか?

 

私が務めていた病院では、
地域柄かできるだけ、患者さんには外出外泊をしてきてもらうように勧めてました。
(今考えると、スタッフが手薄になるってこともあったかもしれません…。)

 

普段の病院内やリハ室でも、
自宅での生活を想定してのリハビリを行っているのですが、
実際に、帰ってみての生活をされると様々な意見をもらいますね。

 

 

ぜひ、その意見や御本人、ご家族の感想を取りこぼさず、
言葉の背景を感じ取りながら、リハビリに生かしていきたいですね。

 

 

と、このような外出、外泊を通して、
退院を視野にしている段階において、

 

問題点が「随意性の低下」としている方がいたとしたら、
要注意です。

 

 

 

脳血管疾患の発症時期に関しては、
以下のような報告があります。

 

【方法】全国労災病院において 2002 年度から 2008 年度に入院加療された全脳卒中症例 46,031 例を対象とし,脳卒中病型別に月 別発症数を比較した.また気象区分から 4 つの地域に分けて検討した.

【結果】脳出血は男女 とも夏少なく冬に多発したが、北日本と西日本では最少月にひと月の差があった.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jstroke/33/2/33_2_226/_pdf

全国労災病院 46,000 例からみた 脳卒中発症の季節性(2002−2008 年) 豊田 章宏

 

 

発症時期の傾向でいうと、
この8月は、冬から春先にかけて罹患された方が、
退院をめどに調整している時期かと思います。

 

 

上下肢の片麻痺の回復段階を見ても、
麻痺の程度にもよりますが、
約3〜6ヶ月で、回復がなだらかになると言われています。

 

(↑画像:中外医学社ホームページより引用)

 

脳卒中後のドラマチックな機能回復は,発症後の数週間以内に起こり,一次運動野とその下降路 における浮腫軽減,圧迫減少,血流再開などによって規定されるため,病変部位や大きさ,急性期 治療の成否の影響が大きい.発症後 1 カ月で,患者の 1/4 で神経症状は消失し,1/3 で日常生活は 完全自立する2).急性期以降の回復は徐々に起こり,3 カ月から 6 カ月にかけて回復曲線はなだら かになり,初期の障害が強いとプラトーになるには時間を要する.

中外医学社ホームページより引用
http://www.chugaiigaku.jp/upfile/browse/browse2111.pdf

 

 

この退院間近の時期になっても、
随意性にこだわっていると要注意です。

 

 

随意性の低下に対しては、


反復運動による神経伝達の再教育、

さまざまな体性感覚を用いての感覚入力を通しての促通。

 

という、狙いで介入しますが、
実際問題、それだけでは効果的ではないのです。

 

 

先に書いたように、
生活環境でいかに動けるかということを前提に、
介入をしていくことが何よりも求められます。

 

 

環境や家屋状況の情報収集を今一度、
きちんと行いその上で、

 

 

身体を構造物として動きやすい状態に導くこと。

 

を目標に、短期間でも関わることで、
随意性は変わらなくとも、生活場面での変化が見えてきやすくなります。

 

関わる時期に応じて、
介入のポイントを絞っていくことが、効果的なリハビリテーションにおいては大事になります。

 

 

動きやすい体を作るという視点を一緒に学んでみませんか。
仙腸関節の評価と治療。

 

IAIRでは、ひととして見る視点を重要視し、
介入の時期やポイントを考え、
臨床現場において、確実な結果を出せる療法士を育成することにコミットしています。

https://iairjapan.jp/events/category/exp

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

 

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇お知らせ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEはご存知でしたか!?
お友達1100人達成しております!

LINE@だけで受け取れるセミナーのお得情報もあります。

ぜひこの機会にみなさん、お友達になってくださいね^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
常任理事 理学療法士  渡邉 哲

E-MAIL:tetsu-watanabe■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:https://iairjapan.jp

Facebookに登録する:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94

*****************************************************

Scroll to top