IAIR(国際統合リハビリテーション協会)
国際事業部より

 

ハロー!
IAIR国際事業部 所属の
吉田頌平です。

私のコラムでは、
「海外のリハビリ事情」をテーマに
海外でも療法士として
活躍したいと思っている方、

海外から来られた患者さんとの対応に
困っている方へ
お届けして参ります。

 

【自己紹介】

初めてお会いする方も
いらっしゃると思いますので
簡単に自己紹介をさせていただきます。

私は2012年に
作業療法士免許を取得し、
同年6月にカナダへ留学いたしました。

2012年11月より、
カナダのクリニックへ
1年間勤務したのちに帰国、

その後は急性期〜生活期の方々を対象に
整形外科の病院・クリニックで
働いております。

現在は、
IAIR関東支部で
インストラクターを務める傍で

国際事業部を担当しており、
IAIRの国際化を推進しています。

 

【本日のテーマは?】

本日のテーマは、「目的」です。

先日、会議の議事録を書き忘れて
「何の為にミーティングしたんだっけな〜?」
と、ふと考えました。

本来なら、現在行なっている行動を振り返り
次の行動を考える為にミーティングを行うはずですが、
議事録がなければ、振り返ることができなくなり
そもそものミーティング開催の意義が失われるんだと
実感いたしました。

また、IAIRの講習会でお伝えしているテクニックは
目的を意識することで、
実践する姿勢やタッチのポイントなどが明確になることを
練習されている方々の行動から改めて学んだことと

臨床での患者さんのやりとりにも
通じるものがあると感じました。

今回は、行動の目的を振り返る重要性を
お伝えいたします。

 

【目的は常に変わる】

講習会で習得した徒手テクニックを活用しているときに
「そもそも、何のためにこれを行っているのか?」
と、テクニックを活用する目的を意識しなければ

何のために行っているのかがわかりにくくなります。

例えば、『毎日、朝に歯磨きをすること』は
・職場の利用者さんに失礼がないようにする準備のため
・同僚と話すときに、口が臭うとイヤだから
など、なにか目的があって行っているはずですが、
忘れやすいですよね。

山根(1 は、作業は能動的に行われるものであり
無意識のうちに脳が目的を認識して
行動を行う、と述べています。

つまり、何かの目的に基づいて
ひとは行動している、ということです。

言い換えれば、目的が変わってくると
同じような作業でも行動が変わる、ということです。

気をつけたいのは、
目的は常に自分の都合がいいように書き換えられる
という点です。

 

【目的によって行動は変わる

『毎日、朝に歯磨きをすること』が
・職場の利用者さんに失礼がないようにする準備のため
・同僚と話すときに、口が臭うとイヤだから
という目的から、・身だしなみを整えるため
・虫歯を予防するため
・朝のルーティーンで、やらないと落ち着かないから
・朝やるものだと思っているからなど、元々は誰かを意識して始めたことが
いつの間にか自分のために行っている場合だって
大いにあり得ますよね。このように、作業は
いろんな目的の下で行うことができます。

ですが、作業行程は
目的によって、ずいぶん変わってきそうですよね。

歯を一本一本磨いて、舌のケアまで行うのか…
ひと通り磨き終わったらOKなのか…
歯の白さ、舌の状態までチェックするのか…

このように
目的に合わせて、行動の中身が変わってきます。

講習会で習ったテクニックを活用する際も同じです。

活用する目的をいつも確認し、
その目的が合っているのかを
テキストで後ほど再確認する。

目的という原点を意識することで、
行動を見直すことができるようになります。

もちろん、臨床現場でも
これは当てはまります。

【利用者さんがリハビリに取り組む原点は、どこにある?

利用者さんが、何の為にリハビリに取り組んでいるのか?
利用者さん自身が、リハビリを行う目的を確認することで
リハビリの成果は大きく変わってきます。

目的を繰り返し確認することで
ひとつ一つの動作が変わり、
生活中の活動が変わり、
社会参加が変わります。

この目的を確認するきっかけは、
療法士の「傾聴」によっても作ることができます。

利用者さん自身やご家族が、
最も利用者さんの生活・人生をわかっている
個人の専門家」ですが

外傷や疾患によって、
これまでの自分自身のイメージが突然変わり
自分がわからなくなることがあります

人によっては、
「行動することに意味はない」
「生きる目的なんて、ない」
と感じられていることもあります。

だから、傾聴によって
その方自身が自分の人生や生活を
再び振り返ることが大切になります。

そして相手の話の要点を押さえた上で、
相手に伝わるように自分の考えを
即座に変換できることが、次に重要になってきます。

そのため、自分の話したいことを
瞬時に短くまとめる力が必要になってきます。

 

 

もし、臨床現場で
『目的の振り返り方がわからない…』
『いつの間にか、脱線しちゃう…』
『自分がどんな考えをしているのかが、わからない…』
『患者さんに、肝心なことをいつも聞きそびれてしまう…』
と、思われることがありましたら

相手の話を傾聴すること」と
自分の意見をまとめること
の2つをまず意識してみてはいかがでしょうか?

 

 

もし、それでも難しい…と感じられたときは
英会話のエッセンスを取り入れて、
話す練習をしてみませんか?

実は、英語は
「要点をまとめて、簡潔に話すこと」
に特化した言語なので、

自分が何を考えているのかを意識でき、
話の要点をシンプルにまとめながら話したり、
相手の話を聴くことができます。

私自身、カナダで英語で患者さんと話しているときは、
自分自身の態度や考え方を
冷静に観察できていたことを覚えています。

そのエッセンスを
普段の生活場面でも活かせるように
3つのポイントに落とし込んだものが、

療法士のための英会話講座【YES! プレセミナー】となっています。

この講座では、英語を活用いたしますが、
英会話が苦手な方でも
楽しく学べる内容となっておりますので、
ぜひ、ご検討ください。

***********************************************
療法士のための英会話講座【YES!】
》》》https://iairjapan.jp/yes
(本講座は、対面式オンラインセミナーです。)

《 プログラム一覧 》

YES!プレセミナー
【 内 容 】
・英会話をマスターするための《3つのルール》
・勉強のための英語を、話すための英語に変える方法
・高速でリスニング↔︎翻訳できるマインド養成法
・考えたことを、英語でシンプルに伝える

【 開 催 日 時 】
《第14回目》
日時:2018年8月17日(金)20:00 ~ 21:00
《第15回目》
日時:2018年9月7日(金)20:00 ~ 21:00
《第16回目》
日時:2018年9月21日(金)20:00 ~ 21:00

【YES!プレセミナーへのお申し込みは、こちら】

************************************************

*引用資料

( 1 )  山根 寛 (2015). ひとと作業・作業活動  作業の知をとき技を育む  新版. 95-96.  三輪書店.

 

今後、IAIR国際事業部が発信するコラムでは
海外の療法士や患者さんと
交流できるようになるために

「海外のリハビリ事情」をテーマに
皆様にお届けできればと思います。

リハビリ分野に関わりながら海外へ出てみたい!
と思われている方は、
ぜひ「IAIR国際事業部」をチェックしてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

IAIR国際事業部

吉田頌平

 

【P.S.】

【ミニコーナー「本日の英単語」】

旅先でも英語が使えるようになるための
「本日の英単語」コーナー!

まとめチャンネルを作成してます。

こちらから、ぜひご覧ください!

 

》》https://youtu.be/XsfR3TpJhg8

 

 

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account