動作分析をするときに、抑えておきたい基礎知識2。

動作分析の基本とは?

上記のコラムでは、
動作分析のためには、”基準を持つ”ということをお伝えしております。

また、四肢体幹の重心の位置の見方についても。

 

リハビリの現場において、
動作分析というのは、

 

患者さんの主訴(痛みやROM制限、筋力低下、感覚障害)などに対しての解決の道筋を見つけるための最初のステップです。

 

 

登山で考えたとしても、
山頂までの道筋はいくつもあるというようなものです。

 

 

ただ、リハビリに関して言えば、
”最短ルート”がいいですよね。

 

 

基本動作を侮ることなかれ。

 

養成校では、
動作分析や評価の授業において、

 

================
・背臥位〜寝返り
・起き上がり
・座位
・立ち上がり
・立位
・歩行
=================

 

これらの姿勢動作観察、分析の練習をたくさんしていたと思います。

 

当時は、その必要性や意味は十分には分からなかったけれど、
今になってよーくわかります。

上記のいわゆる”基本動作”に関してですが、
決まった形があることはご存知ですか?

 

歩行で言えば、正常歩行というものです。

 

基準としたものがあるから、
そこから逸脱している場合、
動きがある場所、動きすぎている場所になにかしら逸脱している要因があると考えられます。

 

寝返り動作で言えば、

 

基本的には、3段階に分けられていて、

 

=====================
1、頭頸部〜肩甲帯の屈曲、回旋
2、上部体幹〜下部体幹(骨盤帯)の回旋
3、下肢の回旋(側臥位から腹臥位へ)
=====================


となります。
(参考文献:動作分析 臨床活用講座 〜バイオメカニクスに基づく臨床推論の実践〜 編著石井慎一郎 メジカルビュー社

 

健常者である私たちでも、
寝返りのパターンは様々ありますが、
基本は、上記のような寝返り(屈曲パターンの場合)になります。

 

この時、逸脱している動作というのが、
いわゆる、”代償動作”ですね。

 

代償動作はしちゃいけないか?

 

そんなことないですよね。

 

 

機能面で必要とする動きができない場合に、
他の部位で、動きを補填するものですので。

 

 

何が良くないかというと、

代償動作の動きのパターンでしか動けないのが問題です。

 

この視点を持ちつつ、
基本となる寝返り動作で参加してくる身体の部位、

================
・頭頸部
・肩甲帯〜上肢(主に肩関節)
・骨盤帯〜下肢(主に股関節)
================

それぞれの部位が動くか、動かないか

 

その動きを自動(active)に行えるか、他動(passive)では行えるか。

それぞれを、チェックしていくと、
介入すべきポイントが見えてきます。

 

あっちもこっちも見てると、
何が何だか分からなくなるってものです。

 

見るべきポイントはすでに学んでいるので、
そこをしっかり見ていくようにしましょう。

 

動作分析が苦手だ。
後輩や新人に指導するポイントを学びたい。

 

 

という方は、この機会にしっかり基礎から学んでみることをおすすめします。

H30.8.4-5(土日)札幌開催

https://iairjapan.jp/events/event/posture-sapporo

H30.8.11-12(土日)東京開催

https://iairjapan.jp/events/event/exp_tca

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

 

動作分析を自信を持って行えるようになるには、
多くの失敗体験も必要です。
積み重ねていきましょう!

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇お知らせ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEはご存知でしたか!?
お友達1100人達成しております!

LINE@だけで受け取れるセミナーのお得情報もあります。

ぜひこの機会にみなさん、お友達になってくださいね^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
常任理事 理学療法士  渡邉 哲

E-MAIL:tetsu-watanabe■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:https://iairjapan.jp

Facebookに登録する:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94

*****************************************************


Scroll to top