統合と解釈 目標設定

前回は対処する問題・課題の優先順位について可視化しました。

今回は「目標設定・治療計画」!

目標設定……PDCAで言うところの、「P:計画」が大詰めを迎えました!

早速、可視化していきましょう!

 

目標設定5つのポイント

目標設定には5つのポイントがあります。

  1. 何を(目標項目)、どれだけ(目標値)、いつまでに(達成期間)達成したいかを明確にしたか?
  2. 目標の設定根拠を明らかにし、妥当なものであるかを確認したか?
  3. 患者、クライエントの感情に配慮しつつも、挑戦意欲のわく目標にしたか?
  4. 目標を達成できた時の状態を明確にしたか?
  5. 目標を数値化しにくい場合は、数値化の工夫をしたか?

それぞれSMS(齋藤式マネジメントシート)で可視化していきましょう!

 

何を、どれだけ、いつまでに?

目標は具体的な内容にすることで、到達地点がわかります。

僕はよく、山登りを例にします。

  • NG:「山に登ろう!」→「富士山に登った奴も高尾山に登った奴もいる」→「大枠では合っているけど同じゴールにたどりつかない」
  • OK:「12時ちょうどに高尾山山頂で会おう!」→「1~6号路どれでもいいよね?」→「リハゴールに向かって全員行動している」

ちなみに、目的はリハゴール。目標は途中経過のチェックポイントと思ってください。

目標を具体的に設定するヒントをSMSで可視化してみました。

 

目標の設定根拠は?

どの先輩も、どのバイザーも必ず質問する「その根拠は?」

あなたも経験があるでしょう。ですが、その際3つの意味が含まれていることにお気づきでしょうか?

  • 「それはなぜ?」
  • 「なにをするの?」
  • 「じゃあどうするの?」

これら全ての根拠、意味付け、つながりを「その根拠は?」の一言で表しています。

なんて不親切なんでしょう。

まあ、気づいてないからですよね。

そこで今回はもう一つ別パターンでのSMSで可視化しましょう!

目標が可視化されると治療内容が明確になる!

今回は目標までにしますね。

さすがにシリーズが長くなっていますが、毎回内容盛りだくさんでは疲れて今いますよね。

一つずつ階段を登っていきましょう!

とはいえ、この目標……特に先の設定根拠を可視化した時点で、ある程度Howto……具体的な方策も書き込まれているでしょう。

次回はそれをベースに、具体的にどうしていくのか、を可視化しますね。

ということで、今回はここまで!

次回「治療計画テンプレート」をお楽しみに!


IAIR副会長 齋藤 信

追伸 目標を立てるうえで大切なこと

実はIAIRの講義内容を刷新しました!

その結果、今回のような評価とアプローチを繋ぐ内容を全ての講義で触れていくことになりました。

それがコレです。

IAIR Concept

実際に会場や刷新されたテキストでチェックしてくださいね!

>>> 近日開催講義一覧はこちら

 

追伸:SMSはこちらからダウンロードできます!

この齋藤式マネジメントシート(SMS)「Box16」をダウンロードして使ってみたいと言う方はコチラのフォームからダウンロードリンクを手に入れてください。
自分の内省をする解説動画付きです。

お申し込みはコチラ

 

IAIR会員向けに、オンラインフィードバックを行います!

みなさん、第二・四水曜日は「IAIR tv LIVE」の日!
20時から統合と解釈のオンラインワークショップを行います!

会員の方は日曜日18時に配信される会員限定メールを要チェック!

もちろん次回までに会員になった方も参加できます!

IAIR会員登録はこちら >>> https://iairjapan.jp/product/form30

 

その他の使い方を紹介

前回はPDCAのサイクルで使う方法を紹介しました。

次回からも、色々と使い方を紹介します。お楽しみに!

 

IRF2018が開催されます!

統合リハビリテーションフェスタ(IRF)2018 in 東京にて、SMSのワークショップを行います!
あわせてチェック! 今すぐ申し込みをしましょう!
先行申し込み割引中です!

>>>統合リハビリテーションフェスタ(IRF)2018 in 東京

IRF2018inTOKYO

 

いいねを集めて参加特典をランクアップさせよう!
いいねチャレンジ開催中!

いいねチャレンジ
*2018年7月5日現在のいいね数です。最新いいね数はコチラ

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account