内反変形(O脚)になるのはなぜか?

from IAIR 渡邉 哲

臨床現場で、膝の内反変形(O脚)を呈している方は、
多くいらっしゃるかと思います。

 

膝の痛みを訴える患者さんや利用者さんからは、

 

「年だから痛いんだ」
「変形しているから。」
「軟骨すり減ってるから。」
「太ってるから負担かかってるから」

 

なんて声もよく耳にします。

 

確かに、上記のコメントは間違いとは言い切れません。

 

 

わたしたちは、重力の影響を受けて生活していますので、
関節の狭小化」は起こります。

 

それに対抗するように、
抗重力筋を働かせて姿勢の保持を保ったり、動作を行っていますが、
その抗重力筋の弱化による”不良姿勢”や”普段の生活習慣”によっても、
使われる筋肉に差が生じてきます。

 

変形は直らないのか?

 

骨自体の変形に関していえば、
高齢の方で考えると、不可逆的な変化であるかと思います。

 

高齢者の姿勢を観察すると、
多くが「骨盤後傾位」で円背を呈しています。

 

仮に、前傾を促したとしても、
股関節や骨盤ー脊柱の可動域の問題や、
腸腰筋の働きが弱いケースが多く前傾位を取れない方が、
非常に多いですね。

 

 

体幹へのアプローチは大事だと思ってはいるけど、
実際にどこから介入していいかわからない。。。
って、経験ありませんか。

 

 

なぜ、腸腰筋は弱くなるのか??

 

これを考えるときは、
やはり姿勢、アライメントから考えます。

 

骨盤後傾位では、骨(関節)の運動連鎖から考えると、
大腿骨頭が臼蓋に押し付けられることによって、
股関節は屈曲・外旋します。

 

スマホでこちらの文章を読まれている方は、
立ち上がって、
体幹屈曲、骨盤後傾、股関節屈曲、外旋位の姿勢を取ってみてください。

下肢のどの筋が、優位に働いているか感じられますか?

 

働いている筋は、
おそらく大腿四頭筋大腿筋膜張筋前脛骨筋などで、
腸腰筋の働きなどは感じられないと思います。

 

腸腰筋の筋の長さで言えば、
縮んだ状態(短縮位)を長時間取ることで、
張力としての働きは弱くなってきます。

 

 

また荷重の面で言えば、外側荷重での保持により、
内反変形が助長されます。

このような流れで、腸腰筋は弱くなりやすいのですね。

 

内反変形(O脚)を戻すには?


ずばり、

下肢の荷重を正中位に戻す関わりが必要です。

そのためのポイントは、
「股関節」です。

 

シンプルに動くべきところを、動くように介入していきましょう。

股関節だけではなく、
膝ー足関節との連動なども含めて考えて行くことが必要です。

 

臨床の経験が浅いうちに、
さまざまな見方を習得しておくことで、
自分なりの評価、治療の土台ができてきます。

 

経験年数が増えてきている人は、
きちんと若手にも伝えられるように、
準備できていますか?

 

今のうちにしっかりと学んでいきましょう!
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

write by 渡邉 哲

こちらの記事もおすすめ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達ももう少しで1000名です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info@iairjapan.jp
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
渡邉個人Facebook:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94
Instagram:https://www.instagram.com/iairjapan/
Twitter:https://www.instagram.com/iairjapan/
*****************************************************

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account