統合と解釈

前回まで「収集した情報の可視化」と「全体像の把握」を行いました。

リハビリのプロセスから言えば……

1、医師からの指示。2、情報収集。3、統合と解釈・全体像の把握。4、問題点の抽出。5、目標設定・治療計画。6、リハビリの実施。7、全過程の評価。8、必要な項目の実施、修正。9、再計画と再実施。

ようやく「3」の統合と解釈に進む前提情報が集まりました。

今回は、統合と解釈を進めていきましょう!

 

統合と解釈とは?

「統合と解釈」

定義:二つ以上の物をまとめ、それを受け手側が噛み砕いて理解すること。

*一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会 会長 森本 義朗「統合と解釈の捉え方」より

と「学生さんと行う初めての統合と解釈(1)」で紹介しました。

前回のICFにあわせて書き出したことで、全体像が見えており、その人が見えてきていますね。

全体像を文章化した時点で、統合はほぼ終わっています。

バラバラになっていた点の情報を線でつなぎ、一人のひととなりました。
イメージとしてはこんな感じでしょうか。

収束思考

 

情報を統合する

情報ひとつひとつは何かの現象を示しています。

ですが、関連性を見つけ、グループ化し、収束させていかないと、取り散らかったままです。

整理し、グループ化した情報に名前をつけ、ひと塊りにすることで分かりやすくなります。

例えば……

  • 「大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋」

と書くのか……

  • 「ハムストリングス(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)」

と書くのかで、判りやすさが変わります。
(*身近なところにも、グループ化して名付けられたものがあります。見つけてみるのも面白いですね)

この流れをグルーピングとラベリングといいます。

グルーピング

 

そして解釈が始まる!

皆さんが日常、頭の中で行なっていることを可視化しつつ説明していくと、3週間分のコラムになっちゃうんですね。

そりゃあ、学生さんに説明するのも大変ですね。

なので、学生さんには丸投げせず、一緒にここまでの思考プロセスを共有していくのがベスト!

前回と前々回のコラムも是非参考にしてくださいね。

さあ、お待たせしました!
ようやくですが、解釈を始めましょう。

 

そもそも解釈する目的はなに?

始める前に、大前提を確認しましょう。

何の為に解釈をすすめていくのですか?

「その方の真の課題を発見するため」ですよね?

評価のための評価をするな、と口を酸っぱくして言われてきたように、解釈の為の解釈をしちゃダメです。

そこで提案するのは、この書き方です。

Reflection

 

SMS「Box16」で解釈を始めよう!

思考の可視化ツールとして紹介しているSMS(齋藤式マネジメントシート)。

今回は、更に線を付け足して、項目を書き入れました。

縦軸に「フィジカル」、「メンタル」、「周辺環境」、「その他情報」を。

横軸に「事実」、「解釈1:客観的視点」、「解釈2:感覚的、感情的視点」、「課題」としました。

Reflection

今回提供しているSMSはA4サイズのものですが、ホワイトボードや模造紙、テーブルにマスキングテープでBoxを作って付箋に情報を書く、でもOK。

テーブル ホワイトボード

とにかく! ポイントは、各Box内に縦軸と横軸の要素を併せ持った情報を書き加えればOKです!

  1. 事実から、客観的視点でどんな解釈をしたか?
  2. 事実から、感覚的、感情的視点でどんな解釈をしたか?
  3. 解釈1、2を踏まえて、その方の真の課題は何か?

を書き加えてみましょう!

 

そして考察へ……

真の課題……ここで迷ったかもしれませんね。

いいんですよ。まだ仮説で

療法士だけでは「この方の真の課題はここであろう」までです。

ご本人の意志と希望もあるでしょう。チームで見たらまた別な視点が見つかるかもしれません。
なので仮説です。

でも、そのままでは説明もあやふやになってしまいます。

そこで次回は、考察を検証するための5つの質問について紹介します。
今回はここまでにしますので、是非「真の課題(であろう)」をみつけるところまで書いてみましょう!

次回の考察編をお楽しみに!

IAIR副会長齋藤信
IAIR副会長 作業療法士

齋藤 信

追伸:SMSはこちらからダウンロードできます!

この齋藤式マネジメントシート(SMS)「Box16」をダウンロードして使ってみたいと言う方はコチラのフォームからダウンロードリンクを手に入れてください。

お申し込みはコチラ

 

IAIR会員向けに、オンラインフィードバックを行います!

みなさん、第二・四水曜日は「IAIR tv LIVE」の日!
20時から統合と解釈のオンラインワークショップを行います!

会員の方は日曜日18時に配信される会員限定メールを要チェック!

もちろん次回までに会員になった方も参加できます!

IAIR会員登録はこちら >>> https://iairjapan.jp/product/form30

 

学生さんと行う初めての統合と解釈シリーズ

統合と解釈

次回からも、色々と使い方を紹介します。お楽しみに!

 

IAIR学会あらため、IRF2018が開催されます!

統合リハビリテーションフェスタ(IRF)2018 in 東京にて、SMSのワークショップを行います!
あわせてチェック! 今すぐ申し込みをしましょう!
先行申し込み割引中です!

>>>統合リハビリテーションフェスタ(IRF)2018 in 東京

IRF2018inTOKYO

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account