IAIR(国際統合リハビリテーション協会)
国際事業部より

 

ハロー!
IAIR国際事業部 所属の
吉田頌平です。

私のコラムでは、
「海外のリハビリ事情」をテーマに
海外でも療法士として
活躍したいと思っている方、

海外から来られた患者さんとの対応に
困っている方へ
お届けして参ります。

 

【自己紹介】

初めてお会いする方も
いらっしゃると思いますので
簡単に自己紹介をさせていただきます。

私は2012年に
作業療法士免許を取得し、
同年6月にカナダへ留学いたしました。

2012年11月より、
カナダのクリニックへ
1年間勤務したのちに帰国、

その後は急性期〜生活期の方々を対象に
整形外科の病院・クリニックで
働いております。

現在は、
IAIR関東支部で
インストラクターを務める傍で

国際事業部を担当しており、
IAIRの国際化を推進しています。

 

【本日のテーマは?】

本日のテーマは、「考察」です。

なかなか歩行が安定せず、ADLが自立できない方って
いらっしゃいませんか?

『何で歩行が安定しないんだろう…?』

患者さんの身体機能もそうなんですが、
意外と自分の評価・考察が進んでいないことが
原因ということもあります。

今回は、歩行に関連した臨床報告とともに
プログラム立案のポイントをお伝えして参ります。

 

【なぜ評価がまとまらない??】

こんな場面を経験したことはありませんか?

歩行時にまだ見守りが必要な方に対して
「この人の歩行バランスはどうかな…」
「あの段差でつまづかないかな…」
「立脚期の支持は効いてるかな…」
「臀筋群はしっかり働いてるかな…」
「姿勢はどうだろう…」
「もっと接地をしっかりして…」
「もっと足部を生かすトレーニングが必要かな…」
と考えながら、一緒に歩いている時に
うっかりその方が前方にバランスを崩しそうになった…!

「自分の注意不足」が要因と締めくくり、
上司にヒヤリハット報告書を提出する…

そしてカルテを打ち始めたけど、
『何を評価してたっけ…??』と
再び考え込んでしまう…

現場で考えることって、たくさんありますよね。
それも患者さんの状態観察・分析・評価だけでなく
転倒予防のためのリスク管理などなど…

ここで予想外のことが起きれば
たちまち考えていたことが頭から抜けちゃった!
ということにもつながりかねません。

福岡県で通所リハビリテーションを利用しているご高齢の方に
引き算をしながら歩いた場合の歩行時間と
通常通りに歩いた場合の歩行時間の差を計算したところ、

引き算をしながら歩行した場合の方が
優位に歩行時間は長くなったと報告されています。(1

この報告から
課題が増えれば注意は分散し、
また脳機能・身体活動が抑制される可能性が考えられます。

1度にあまりたくさんのことを考え出すと、
評価はあいまいになりますし、考察もまとまりにくくなるでしょう。

 

【どうしたら、うまくプログラム立案ができる??】

転倒を例に、どうしたら評価・考察・プログラム立案が
うまくいくようになるのかを考えてみます。

口頭で引き算を行いながら歩き、
障害物をまたぐ動作を
転倒経験者・非転倒経験者で行っていただいたところ、

非転倒経験者の歩隔は広がり、歩幅は小さくなった一方で
転倒経験者の歩隔・歩幅は変わらなかったそうです。(2

1年間にわたって1103名の75歳以上の高齢者の転倒歴を調査した
別の研究(3 では、
もっとも転倒に影響した要因は
「転倒歴があること」だったそうです。(3

以前にも同じ失敗を経験していても、
再び同じ失敗を繰り返す可能性が考えられる報告です。

そして、どちらにも共通して
『本人が転倒したことを認めていない
『転倒した要因を多角的に分析できていない』
ことが根底にあることが伺えます。

これって、介入がうまくいかないときの療法士の状態と
よく似ています。

「何で患者さんの状態が変わらないんだろう…??」
「何で利用者さんのADLが改善しないんだろう…??」
「あぁ、また同じ状態のままで過ごしちゃってる…」

この状態に陥っている時は、まず
『これまでのカルテの内容が変わる情報を
 患者さんから伺えているのか?』
に注目してみましょう。

意外と、患者さんの言葉を聞き逃しているために
うまくいかないことってありますよ。

利用者さんの話を聞いてみた後で、もう一度プログラムを見直してみると
新たな突破口が見つかるかもしれませんよ。

 

【自分の言葉で頭をいっぱいにしてませんか?


自分の言いたいことを話したくなるのは、人間の常です。

ですが、相手のことを知らないうちに
自分の意見を話し始めると、
あまり聞き入れてもらえないことが多くなってきます。

そのため、まずは相手の話を「傾聴」することが
重要になります。

次に、相手がどんな考えや生活をされてきた方で、
どんな話し方であれば伝わるのかな?
と、自分の言いたいことの肝を抽出し、

相手に伝わるように即座に変換できることが
とても重要になってきます。

逆に、この肝になる部分が抽出できなければ
『自分の言いたいことはなんだったっけ?』
と考え込んでしまうため、
相手の話を上の空で聞くことにもつながっていきます。

そのため、自分の話したいことを
瞬時に短くまとめる力も必要になってきます。

もし、臨床現場で
『目的の振り返り方がわからない…』
『いつの間にか、脱線しちゃう…』
『自分がどんな考えをしているのかが、わからない…』
『患者さんに、肝心なことをいつも聞きそびれてしまう…』
と、思われることがありましたら

相手の話を傾聴すること」と
自分の意見をまとめること
の2つをまず意識してみてはいかがでしょうか?

もし、それでも難しい…と感じられたときは
英会話のエッセンスを取り入れて、
話す練習をしてみませんか?

実は、英語は
「要点をまとめて、簡潔に話すこと」
に特化した言語なので、

自分が何を考えているのかを意識でき、
話の要点をシンプルにまとめながら話したり、
相手の話を聴くことができます。

私自身、カナダで英語で患者さんと話しているときは、
自分自身の態度や考え方を
冷静に観察できていたことを覚えています。

そのエッセンスを
普段の生活場面でも活かせるように
3つのポイントに落とし込んだものが、

療法士のための英会話講座【YES! プレセミナー】となっています。

この講座では、英語を活用いたしますが、
英会話が苦手な方でも
楽しく学べる内容となっておりますので、
ぜひ、ご検討ください。

***********************************************
療法士のための英会話講座【YES!】
》》》https://iairjapan.jp/yes
(本講座は、対面式オンラインセミナーです。)

《 プログラム一覧 》

YES!プレセミナー
【 内 容 】
・英会話をマスターするための《3つのルール》
・勉強のための英語を、話すための英語に変える方法
・高速でリスニング↔︎翻訳できるマインド養成法
・考えたことを、英語でシンプルに伝える

【 開 催 日 時 】
《第9回目》
日時:2018年6月8日(金)20:00 ~ 21:00
《第10回目》
日時:2018年6月22日(金)20:00 ~ 21:00
《第11回目》
日時:2018年7月6日(金)20:00 ~ 21:00
《第12回目》
日時:2018年7月20日(金)20:00 ~ 21:00
《第13回目》
日時:2018年8月3日(金)20:00 ~ 21:00
《第14回目》
日時:2018年8月17日(金)20:00 ~ 21:00
《第15回目》
日時:2018年9月7日(金)20:00 ~ 21:00
《第16回目》
日時:2018年9月21日(金)20:00 ~ 21:00

【YES!プレセミナーへのお申し込みは、こちら】

************************************************

 

 

*参照資料

(1)  下田 武良 他.虚弱高齢者における二重課題条件下での歩行速度と注意機能の関係-地域在住高齢者における検討-.理学療法科学 .2012.27(3).315–318.

(2)

相馬 正之 他.二重課題条件下での非転倒経験者と転倒経験者の障害物を跨ぐ際の歩行調整の違いについて.

Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy.2011.1(2).117-121.

(3) Mary E. Tinetti et al.Risk Factors for Serious Injury During Falls by Older Persons in the Community.Journal of American Geriatrics Society.1995.43(11).1214-1221.

 

今後、IAIR国際事業部が発信するコラムでは
海外の療法士や患者さんと
交流できるようになるために

「海外のリハビリ事情」をテーマに
皆様にお届けできればと思います。

リハビリ分野に関わりながら海外へ出てみたい!
と思われている方は、
ぜひ「IAIR国際事業部」をチェックしてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

IAIR国際事業部

吉田頌平

 

【P.S.】

【ミニコーナー「本日の英単語」】

旅先でも英語が使えるようになるための
「本日の英単語」コーナー!

まとめチャンネルを作成してます。

こちらから、ぜひご覧ください!

 

》》https://youtu.be/XsfR3TpJhg8

 

 

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account