From: ILPT主宰 赤羽秀徳

前回、2週間前コラムの
『 健康寿命の延伸に!“慢性炎症”という概念 』
お読みいただき、ご興味を持って頂いた方が
多くいらっしゃいましたので、

今回は、
前回のコラムでお伝えした

活動的な生活ではなく
“座りっぱなし”の生活による
心身への影響について
より詳細にみていきましょう!

 

◆活動を維持する

 

ベッド上の安静による弊害など
安静にしすぎること、あるいは、
活動的ではなくなることが、

心身に及ぼす影響については、
すでにご存じかと思います。

ICFにも「活動」という
項目がありますね。

また、

非特異的腰痛治療の急性期には、
「運動療法よりも
出来る範囲でいつもの活動を維持すること」が、
ガイドラインで推奨されています。

 

◆病気の発症率

 

前回、座りっぱなしの生活が
病気の発症に及ぼす影響の図を
紹介しました。

もう一度確認しておきましょう!

慢性炎症

80歳でみてみると
2倍の差がありましたね。

 

◆具体的にみていくと

 

ここで、質問です。

活動的ではない生活の一つとして
座りっぱなしの生活が心身に及ぼす
影響をより具体的にあげられますか?

・・

・・

・・

ヒントです。

前回は、

有酸素運動は、

鎮痛(疼痛管理)にも

そして、

“慢性炎症”を抑え

・癌

・アルツハイマー病

・2型糖尿病

・動脈硬化 などの

予防にも効果がある

ことをお伝えしましたね。

・・

・・

・・

**

ということは、
有酸素運動をせずに
活動的でなくなると

・・

・・

・・

・・

・・

・・

他には、いかがでしょうか?

・・

・・

では、

こちらの図をご覧ください。

生活習慣病

実は、この論文
前回と同じ論文1)の中にある図です。

是非、この情報も臨床や私生活に
活かしてほしいと思い提示しています。

英語、

わかりますか?

すぐわかるのもあれば、
ちょっとわかりにくのも
あるかと思いますので、
詳細にみていきましょう!

 

◆不活動による病態

 

肥満
 二型糖尿病
 脂質異常症
 高脂血症
 メタボリックシンドローム
 胆石

 

冠動脈疾患
 狭心症
 心筋梗塞
 うっ血性心不全
 脳梗塞
 間欠性跛行
 血小板接着
 血小板凝集
 アテローム性動脈硬化症
 血栓症
 高血圧

 

喘息
 慢性閉塞性肺疾患

 

乳癌
 結腸癌
 子宮癌
 前立腺癌
 膵臓癌
 黒色腫

 

認知機能障害
 認知症
 学習・記憶障害
 うつ病
 気分・不安障害
 神経変性疾患
  (アルツハイマー病
   パーキンソン病
   ハンチント病)

 

変形性関節症
 関節リウマチ
 骨粗しょう症
  骨折
 腰痛

 

心理的幸福感の減少
 身体的虚弱
 家事と社会的相互作用の能力
 機能的自立
 可動性

 ストレスに過敏
 バランス感覚障害
 感情表出の反応低下

 

 

 

いかがでしょうか?

こんなにも多くの影響があるって知っていましたか?

臨床で関わるこことの多い病態がたくさん
あげられていますね。

改めて不活動の影響の大きさを感じませんか?

 

 

◆どう活かすか?

 

さて、この情報をどう活かすか?ですね。

前回もお伝えしましたが、
我々医療従事者として

・相手が専門家になれるくらいに
情報提供する

という役割もあるかと思います。

それ以外には、

座りっぱなしを解消するために
その場のシステムを変更するのも
よいのではないでしょうか?

夏休みの朝のラジオ体操のように…

あるいは、
職場での定期的な一斉休憩時間のように…

**

・個人を責めるな

・システムを責めろ!

**

ですね。

デイサービスなどでは、
どのようなシステムがいいでしょうか?

すでに、取り組まれている施設も
あるかと思います。
効果的な方法がありました
情報をお待ちしております!

 

◆振り返りを

 

行動習慣や活動習慣が変わるためには、

ICFで提示されているように

なども考慮していく必要はあるでしょう。

そのベースになってくるのが
“動機付け”ではないでしょうか?

周りから勧められるより

ご本人がやってみたいと思えるかどうか。

そこで、私が大切にしているのが
まず、”違いを実感”してもらうということです。

・長く座っていた時の体の状態と

・短時間で立ち上がったときの体の状態に
気づいてもらう体験。

「あ!この方がいいね」と、

<頭で考えるより、体で感じてもらう>

そんな“機会”をセラピストと一緒に
作っていけたら素敵ですよね!

 

◆まずやってみる

 

今回紹介した
座りっぱなしが心身に及ぼす影響を

・情報を提供する

そして、

・違いを実感して頂く

そんなことを取り入れてみは
いかがでしょうか?

多くの生活習慣病の予防のため…。

そして、

健康寿命の延伸のために…。

理想とされる活動習慣が広かったら、
リハビリを必要とする人が
減ってくると思いませんか?

すべての人々の“ハッピー”のために、

不必要な痛みを鎮めるための情報を普及していきます。

複合的腰痛アプローチ
IAIR Lumber back Pain Technology(ILPT)主宰

赤羽秀徳

文献1):
Christoph Handschin and Bruce M. Spiegelman.
The role of exercise and PGC1α in inflammation and chronic disease.
Nature. 2008 Jul 24; 454(7203): 463-469.

 

追伸1

「痛くなったら、すぐ・・・」

「痛くなったら、まず、振り返る」

へと変わるといいですね!

追伸2

多数の登録ありがとうございます!

ILPT腰痛治療セミナー 参加予定者、および
参加者限定に【ILPT便り】というメールマガジンを
隔週で配信しています。

ILPTセミナーやILPTメインコースの予習、復習となるとともに、
【温かなコミュニケーション】のコツなども
お届けしています。

もし、配信を希望される場合は、
こちらをクリックすると簡単に登録できます。

>>>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSrpbEvIRnM

【IAIRセミナー紹介ページ】 https://iairjapan.jp/calendar