IAIR(国際統合リハビリテーション協会)
国際事業部より

 

ハロー!
IAIR国際事業部 所属の
吉田頌平です。

私のコラムでは、
「海外のリハビリ事情」をテーマに
海外でも療法士として
活躍したいと思っている方、

海外から来られた患者さんとの対応に
困っている方へ
お届けして参ります。

 

【自己紹介】

初めてお会いする方も
いらっしゃると思いますので
簡単に自己紹介をさせていただきます。

私は2012年に
作業療法士免許を取得し、
同年6月にカナダへ留学いたしました。

2012年11月より、
カナダのクリニックへ
1年間勤務したのちに帰国、

その後は急性期〜生活期の方々を対象に
整形外科の病院・クリニックで
働いております。

現在は、
IAIR関東支部で
インストラクターを務める傍で

国際事業部を担当しており、
IAIRの国際化を推進しています。

 

【本日のテーマは?】

今回も、IAIR国際事業部のツイッターから
ほぼ毎日発信している文献の中でニュース
気になったものをピックアップしていきます。

本日のテーマは、
「運動療法」です。

先日、利用者さんから
「このエクササイズって、どんな意味があるんですか?」
と、雑誌を片手に質問をいただきました。

エクササイズを紹介する情報は山ほどありますが、
それが自分に適したものなのか?
その判断は、なかなか難しいんだなぁと感じたのですが

そもそも、運動で大事なところってなんだろう?
と考えつつ、

臨床現場で度々お見かけする
・人工股関節置換術(THA)
・アキレス腱断裂
・非接触性ACL損傷
・慢性腱板損傷
に関するエビデンスを整理しながら
運動療法についてまとめてみました。

 

【運動療法のエビデンス?】

まずは、運動療法のエビデンスを整理してみましょう。

・一般に、THA後にサイクリングを行うことで
生活動作の改善は見られたものの
脱臼リスクを高める要因となっているかは
実はいまだに十分に検証されていないそうです。
(競技レベル、日常生活レベルに限らず)

・21,305名の20~69歳の男女(男68%,女32% 30~39歳が最多)
を対象に、アキレス腱障害と診断されアキレス腱断裂に至った人数を
調べたところ、
約4%(852名)が当てはまったそうです。

アキレス腱障害の主なリスク因子として
アキレス腱周辺組織(足趾筋腱など)の癒着が挙げられており、
いかに足趾筋腱とアキレス腱、これらを取り囲む軟部組織が
滑らかに滑走できるかが重要と言えます。

・非接触性の膝の前十字靭帯(ACL)損傷の受傷を引き起こす因子として
・靴が合ってない
・運動イメージと実際のイメージがずれていること
・大腿四頭筋の過活動

が、過去の論文をレビューした結果、
抽出されています。

ACL損傷・再損傷の予防のためには
自分の運動感覚と、実際の運動イメージを調整することが
運動療法を行う上で重要となることが
想定されているようです。

・慢性化した肩の腱板損傷に対する運動療法の効果について、

可動域改善や疼痛抑制は
超音波治療や手術療法、関節内注射でも確認されたが

長期的に見ると、徒手的介入+運動療法にて改善が見られた群のほうが
慢性痛の抑制なども見られ、
確固としたエビデンスがあると報告されています。

プログラム内容としては、
肩内・外旋運動(非重力下・重力下とも)、振り子運動、棒を活用したROMexなど
骨頭位置を意識しながら行ったものは成果が現れやすい、と
述べられています。

どの報告も
『運動療法自体は高いエビデンスがある方法である』
と結語されており、

継続して運動を行えることが障害予防につながることは
明白です。

 

【運動療法で重要なのは?】

では、患者さんや利用者さんに
運動療法を実践していただくためには
どうしたらいいでしょうか?

先ほどの報告の中で、
「自分の運動動作を知覚できていること」
が重要であると述べられていたことを考えると、

患者さん/利用者さん自身に
関節内の運動を感知しやすくなるように
まず徒手的に介入し、身体の変化を感じてもらうことは
有効かもしれません。

ここから運動療法につなげるためには、
『なぜ変わったのか?』という説明がとても重要になります。

運動を介入手段として用いるためには、患者さん/利用者さんと
「なんのために行うのか、目的を共有する」
「どこを意識して行うのか、方法を明確にする」ことが大切です。

『ダイエットに、運動と糖質制限がいいですよ!』
と、突然言われても
なかなか苦痛で長続きしませんよね…

肥満と糖質、運動がどんな関係があるの?
私の今の状態と、どう関係しているの?
どうして、肥満が改善されると言えるの?

説明が十分でなければ、
このような疑問が浮かんできませんか?

 

【どうしたら、運動を続けられる?

運動は、「ただ指導して、やってやらせればいい」では続きません。

その方に必要な運動であることを、
療法士の知識を活かしつつ、患者さんがわかる言葉で伝えることも
触診や評価手法と同じく
セラピストに必要な介入技術です。

もし、話を聴くのが苦手…と思われている方は
英語から聴く練習をしてみるのはいかがでしょうか?

実は、英語は
「要点をまとめて、簡潔に話すこと」
に特化した言語なので、

どこを意識しながら話を聞いたらいいのか、
どんな聴き方がいいのかを学ぶエッセンスが詰まっています。

そのエッセンスを
普段の生活場面でも活かせるように
3つのポイントに落とし込んだものが、

療法士のための英会話講座【YES! プレセミナー】となっています。

この講座では、英語を活用いたしますが、
英会話が苦手な方でも
楽しく学べる内容となっておりますので、
ぜひ、ご検討ください。

***********************************************
療法士のための英会話講座【YES!】
》》》https://iairjapan.jp/yes
(本講座は、対面式オンラインセミナーです。)

《 プログラム一覧 》

YES!プレセミナー
【 内 容 】
・英会話をマスターするための《3つのルール》
・勉強のための英語を、話すための英語に変える方法
・高速でリスニング↔︎翻訳できるマインド養成法
・考えたことを、英語でシンプルに伝える

【 開 催 日 時 】
《第7回目》
日時:2018年5月4日(金)20:00 ~ 21:00
《第8回目》
日時:2018年5月18日(金)20:00 ~ 21:00
《第9回目》
日時:2018年6月8日(金)20:00 ~ 21:00
《第10回目》
日時:2018年6月22日(金)20:00 ~ 21:00
《第11回目》
日時:2018年7月6日(金)20:00 ~ 21:00
《第12回目》
日時:2018年7月20日(金)20:00 ~ 21:00

【YES!プレセミナーへのお申し込みは、こちら】

 

YES!スタートアップコース
【IAIR会員様 限定】


【 内 容 】

・実は一般的なよりも専門的な内容の方が
英会話を習得しやすい理由
・英訳論文を「読む」のではなく
「謎解きゲーム」に変えるエクササイズ
・内容を噛み砕くための
「音読・音聴」トレーニング
・自分が知りたい分野を開拓するための
「抽出」トレーニング
・英語で意見交換できるようになるための
「会話」トレーニング

【 開 催 日 時 】

《第3回コース:全4回》
日時:
2018年4月6日(金)20:00 ~ 21:00
2018年4月13日(金)20:00~21:00
2018年4月20日(金)20:00~21:00
2018年4月27日(金)20:00~21:00

【YES!スタートアップコースへのお申し込みは、こちら】

************************************************

*参考・引用資料

(1)   低所得国における整形外来患者の心理的ストレス:
Nusrat Husain et al.Psychological distress among patients of an orthopaedic outpatient clinic: a study from a low-income country.Ann Gen Psychiatry. 2010.9(9).

(2)  言語処理における感情変化の潜在的影響:
Lars Kuchinke et al.Incidental effects of emotional valence in single word processing: An fMRI study.NeuroImage.2005. 28.1022 – 1032

(3)  山内 優佳.英語リスニング不安とリスニングの下位技能の関係-リスニング不安の概念の細分化によるリスニング指導への具体的提案-.第 26 回 「英検」研究助成 研究部門 報告III 英語能力テストに関する研究.P50-67.

 

今後、IAIR国際事業部が発信するコラムでは
海外の療法士や患者さんと
交流できるようになるために

「海外のリハビリ事情」をテーマに
皆様にお届けできればと思います。

リハビリ分野に関わりながら海外へ出てみたい!
と思われている方は、
ぜひ「IAIR国際事業部」をチェックしてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

IAIR国際事業部

吉田頌平

 

【P.S.】

【ミニコーナー「本日の英単語」】

旅先でも英語が使えるようになるための
「本日の英単語」コーナー!

今回は、
「住所」をお届けします。

入国審査の時、道に迷った時、
自分の住所をどのように伝えたらいいのか?

英語と日本語で違う、住所の書き方を確認しながら
解説いたします。

 

》》https://youtu.be/H5tL3X2wzFA

 

 

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account