健康寿命

From: ILPT主宰 赤羽秀徳

普段、療法士として仕事をしていると
「炎症」がある、という方に
お会いすることは少なくないと思います。

では、

「炎症」と聞いて、
その対処法は?

と聞かれたらすぐにいくつか
思いつくと思います。

が、・・・

それは、多くの場合
<急性炎症>の対処法だと
思います。

今回は、炎症について、
タイトルのように
<慢性炎症>という病態についてみていきましょう。

(正直私も、
以前は知りませんでした。
もっと早く知っていたら・・・)

◆炎症の5大徴候

まずは、復習から。

炎症の5大徴候は?

・・

10秒で5つあげられますか?

はい。

5つあげられましたか?

・・

・・

・・

・・

・・

念のため確認しましょう。

1.発赤

2.腫脹

3.熱感

4.機能障害

5.

とここでまた、
一つ抜かしてますが、

・・

・・

最後は、

そう、いつも話題になる

5.疼痛

ですね。

**

ご存じのように
炎症は、生体が有害な刺激を受けて
障害されたときにおこる組織の
防衛反応であり、治癒の過程を
促進するものとされていますよね。

◆その対処法は?

では、

炎症があるときの主な対処法を
考えてみましょう。

わかりやすくするために
打撲後の炎症としてみましょう。

すぐに思いつくのは、

・安静

・冷却

・圧迫

・挙上

いわゆる

R I C E

かと思いますが、

その他には、
病態によって、
さまざな薬も利用されるでしょう。

◆二つの炎症

さて、

初めにもお伝えしたように
今回は、慢性炎症のお話しです。

今、確認してきたのは、
急性炎症の場合になります。

「炎症は急性期のもので、
慢性期にはありません」 と

はっきりと
書いてある情報も見かけます。

しかし・・・

炎症には、

加齢関連疾患の基礎病態として

・慢性炎症 がある

ことがわかってきています。

(参考:慢性炎症と加齢関連疾患)

 

また、

「ぎっくり腰は、
急性炎症の状態なので
冷やしましょう!」

と書かれている情報も見かけますが
温めましょうとかかれている
ガイドラインもあります。

ぎっくり腰は、急性発症はしますが、
必ずしも炎症という病態があるわけでは
ないので、対処法を決めつけるのは、
危険かと思います。

ご注意下さい。

◆慢性炎症 を抑えることのメリット

この<慢性炎症>を抑えることで、

健康寿命の延伸に大きく関与する

・癌

・アルツハイマー病

・2型糖尿病

・動脈硬化 など

【予防】

に良い影響を与える
ことが報告されています。

ポイントは、

【予防】

です。

医療費の削減につながりますね。

◆どうやって炎症を抑えるのか?

では、どうやってこの
慢性炎症を抑えるのか!!!?

!!!!

それは、

急性炎症と同じように

・冷却

・安静

など

で、

・・

はなく

その逆

運動、

とくに

【有酸素運動】に効果があると
されています。

え!

炎症に運動??

動かしていいんだ!

動いた方かいいんだ!

と思いませんか?

◆80歳で見ると!

こちらの図をご覧ください。

病気の発症率と活動習慣の
関連を調べた報告です。

慢性炎症

 

文献1)より引用>

80歳での病気の発症率が

・座りがち+肥満:約90%

・座りがち   :約75%

・通常     :約50%

・運動習慣あり :約30%

となっています。

改めて、「活動的な生活」を送ることの大切さ、
座りっぱなしの影響の大きさを
考えさせられる報告かと覆います。

いかがでしょうか?

このデータを誰に見せたいですか?

◆情報提供をしていきませんか?

 

前回もお伝えしましたが、
運動は嫌いという方には、
あまり勧めないほうがよい
という考えもあります。

しかし、

我々医療従事者として

  • 相手が専門家になれるくらい
    情報提供する

という役割もあるかと思います。

専門家といっても
必要以上に細かな情報は
必要ではないと思いますが、

活動的であることの

  • メリット
  • デメリット

については、

より多くお伝えできれば
相手の価値判断も変わり、

嫌いだな、嫌だなと思っていた
運動も

「よし、それだったら
やってみよう」

と思えるかもしれませんね。

 

◆健康寿命の延伸に!

 

【健康寿命を延ばす】

ことは、多くの人の望みだと思います。

有酸素運動は、

そして、

慢性炎症を抑え

  • アルツハイマー病
  • 2型糖尿病
  • 動脈硬化 などの

予防にも効果がある

という情報を是非
臨床や私生活にご活用頂けらばと思います。

すべての人々の“ハッピー”のために。

複合的腰痛アプローチ
IAIR Lumber back Pain Technology(ILPT)主宰

赤羽秀徳

 

文献1:

Christoph Handschin and Bruce M. Spiegelman.
The role of exercise and PGC1α in inflammation and chronic disease.
Nature. 2008 Jul 24; 454(7203): 463-469.

 

追伸1

炎症だから、安静

ぎっくり腰は、炎症があるから安静

このアプローチで救われてない方が多くいるようです。

ILPT腰痛治療セミナーで解決法をお伝えしています。

 

追伸2

 

多数の登録ありがとうございます!

ILPT腰痛治療セミナー 参加予定者、および
参加者限定に【ILPT便り】というメールマガジンを
隔週で配信しています。

ILPTセミナーやILPTメインコースの予習、復習となるとともに、
【温かなコミュニケーション】のコツなども
お届けしています。

もし、配信を希望される場合は、
こちらをクリックすると簡単に登録できます。

>>>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSrpbEvIRnM

【IAIRセミナー紹介ページ】 https://iairjapan.jp/calendar

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account