自信がないから行動に移せないの?その理由を考察しました。

仕事でもなんでも経験を積んでいくと、何か新しいことに誘われたり、頼まれたりしませんか?

レベルアップしていることを周囲から認められたからこそ起きることだと思います。

嬉しいですよね。

と、同時になんだか不安な気持ちにも気づいてしまいますね。。。

 

何か新しいことに挑戦する時、よく耳にするのが「自信がない」という言葉です。

「自分がやっていいのだろうか?」
「求められているようなことができるだろうか?」

そういう不安を「自信がない」と表現されているのかもしれません。

 

今回は「自信がない」の仕組みについて掘り下げてみます。

 

 

やる人とやらない人

新しい何かを頼まれたり、誘われたりした時、その反応は多くの場合、2者に分かれます。

 

やる人とやらない人。

 

ちなみに「やらない人」というキーワードで検索したらこんな記事がありました。

あなたがやらない理由は、行動する人にとって「やる理由」です。

やらない人は負の要素を見つけてしまった時にそれを「ゴール」にして終わってしまっているのです。
やる人からすると負の要素を見つけた時からが「スタート」であり、どうやったらうまくいくのかと工夫することをむしろ楽しんでいます。

だ、そうです。

 

誤解して欲しくないのですけど、やる人がすごくて、やらない人がダメだとは思っていません。

「やらない理由」があってやらないことを決断したのだろうし、

「やる理由」があってやることを決断したのでしょうから。

 

どちらも自分で決めた、尊い決断です。

 

「自信のなさ」がやらない理由じゃない

ただ、

もしも、

「自信がないから」

やらない決断をしたのだとしたら、それは違うんじゃないか?と感じます。

先ほどの「負の要素」ですね。

 

 

何かをやる時、行動に移す時に、「自信があるかないか」は関係ありません。

 

自信がないのではなく「覚悟のなさ」

「自信がないので遠慮します」

「自信がないので辞退します」

こういう発言の時、ないのは「自信」じゃなくて「覚悟」の方じゃないか?って思うんです。

 

多くの人は失敗を恐れ、怖がり、避けます。

私だって失敗は嫌です。

 

失敗したくなければ、何もやらないことだ、そうすれば失敗することはない。

それもよくわかります。

 

自信がない=失敗するのが嫌

を表しているのでしょう。

 

始める前から失敗することを前提にしていては、上手くいかないでしょうね・・・

 

自信がないからやる

自信があるから行動に移すのではなくて、覚悟が決まっているから行動に移すんだと思います。

 

自信があるから良い結果になるのではなくて、「良い結果が出るための準備」をするから良い結果が現れるのだと思います。

それは、自信がないからに他なりません。

 

(上手くやる)自信がないから何もしない、のではなく

(上手くやる)自信がないから、準備するんです。

 

やるかやらないかの二つを分けるのが覚悟ですね。

成功しようが失敗しようが、最後まで責任持ってやりきる覚悟。

 

自信がつくのを待っていても、時間だけが過ぎ去ります。

 

自信ではなく覚悟があると上手くいく

覚悟を持って行動に移して、準備して、経験していくから自信がつくんです。

その積み重ねによって自分を信じることができるから、自信になるんです。

 

順番が逆なんですね。

 

こんな言葉を使っていませんか?

覚悟を決めて準備していく時には、言葉使いから変えて行くことをお勧めします。

 

「ドラゴン桜2」という作品で描かれていた場面ですが、

「頑張る」

という言葉を使わない、とありました。

 

頑張るって具体的じゃないからですね。

 

どんなことを
どのように
行う

と口にした方が実行しやすいです。

 

「頑張ります」ってつい口にしてしまいますが、具体的に進行していかないんですよね。

 

 

あと、「〜〜〜をやらせてもらっています」っていうのも変えた方がいいでしょう。

完全な主従関係なら仕方ないですが、そうでない場面で使うのは「自分に責任を置いていない」ように感じられます。

 

例えば

「××病院で理学療法士をさせてもらっています、福田です」

このような挨拶からは「覚悟と責任」は出てきませんね。

 

「理学療法士として勤務しています福田です」

この方が自分にとって使命感を感じやすいでしょう。

 

 

さらに

「ご迷惑をおかけすると思いますが、よろしくお願いします」

これも、迷惑をかけることを前提にしていますね。

 

 

迷惑をかけないように準備して行動する覚悟があって、何か迷惑をかけたとしても自分で最後までリカバリーする責任を持っていれば、使う言葉は変わるはずです。

 

リカバリーできないクラスの迷惑が発生してしまうというのは準備不足ですので、そもそも覚悟と責任がありません。

 

覚悟と責任を持とう それが自信につながる

つまり、

  • 自信はなくても行動に移せる
  • そこには覚悟と責任が必要
  • 覚悟と責任を持って行動するために、避けた方がいい言葉がある

と、いうのが今回の伝えたいことです。

 

 

自信がつくのを待っていても、自信はつきませんよ。

自分を信じることができるようになるには、「自分は何ができるのか、何が苦手なのか」を知る作業が必要です。

それは、何かをやった結果として発見できることです。

 

何もやらなかったり、考えや準備もなしにただやっているだけでは「自分を知る」ことができません。

 

まとめ

何かを始めるときに、足を引っ張りがちな「自信がない」という感情について掘り下げてみました。

初めてのことに挑戦するときは、うまくいかない場合もあります。

初めてのことじゃなくても、多くの人の目に晒されるときも同じですね。

 

「失敗したらどうしよう」という気持ちは少なからず生まれます。

もしも「失敗したらどうしよう」と思うのなら、「失敗しないための準備」、「失敗した後のリカバリー」を用意しておけばいいですよね?

 

そうすれば、結果がどうあれ大きな経験になります。

その経験が自信につながるわけなので、自信がないからこそ取り組むといいのだと思います。

 

さあ、覚悟を決めて、自分を発見しに行きましょう!

 

 

 


IAIRの講義では、自信に繋がるための方法論(つまり具体的な行動)についてお伝えしています。

こちらのメルマガに登録していただくと、セミナー開催情報が定期的に届きます。

無料で登録できますので、ぜひご登録ください。

 

 


 

リハビリや世の中のことを斜めから見つめたメルマガ「福田のメルマガ」

毎週月曜日11:30にこっそりとお届けしています。

いつでも解除できて、登録は無料です。

登録はこちらから。


Scroll to top