「17年間難渋した頭痛・肩こりの根本原因からの学び!」No149

From: ILPT主宰 赤羽秀徳

◆長引く頭痛、しつこい肩こり

長引く頭痛、しつこい肩こりに対して
様々なアプローチをしているけど、
なかなか根本的に改善されない…

どうしたらいいんだろ?

と、悩まれることはありませんか?

今回は、ある医院で17年間
治療に通い続けた
Sさんのエピソードから
一緒に学びを深めていきましょう!

◆〇〇医院で、17年間

Sさんは、
ある治療を17年間続けていました。

続けていたというよりは、
17年間治療に難渋しておりました。

・・

通院していたのは、

・・

・・

整形クリニックなどではなく、

・・

・・

「歯科医院」です。

・・

・・

Sさんは、
入れ歯の治療のために
通院していました。

◆繰り返された入れ歯の不具合

治療開始当時、Sさんは47歳。
治療は初めからかなり難渋しました。

入れ歯の具合が繰り返し悪くなったとのこと。

そのたびに調整をしても、
土台の歯がダメになってしまい
10年間に3回も入れ歯を作り
直し、

さらに、

歯の数も減っていき、
上の歯の歯ぐきが下がって
奥歯の根っがすっかり露出
してしまったようです。

主治医の筒井照子先生は、
「どうしてだろう」と思いながら
その場しのぎの治療をしては
つくろっていたようです。

それから、

7年後には、右上の歯は内側に倒れ込み、
それに合わせて下の入れ歯は、4度目の
作り直しをしたとのこと。

「おかしい、おかしい」

と思いながら17年ほどが経過。。

◆ある論文との出逢いで

筒井照子先生が
ある論文に出会いました!

その論文の内容を半信半疑ながら
患者さんにたずねたところ、
特に、自覚はないとの返事。

ところが、

次回の来院時に、
患者さんから【答え】が
出てきました!

では、ここで、問題です。

Sさんの入れ歯の治療を
17年間苦しめていた
根本原因は、次の3つのうち
どれでだったしょうか??

* *

① よく歯ぎしりをしていた

* *

② 右頬に右手を当てる癖があった

* *
 
③ 唇を引き締める癖があった

* *

さて、

いかがでしょうか?

 

  •  歯ぎしり
  •  頬つえ
  •  口唇癖* *

正解は!

② です。

正確には、

「右横向きでの睡眠中に右頬に右手を当てていた」

でした。

 

こんな感じです1)

 

 

 

 

 

 

◆ちょっとした癖が根本原因だった!

「睡眠中に右頬に右手をあてる」

これだけのちょっとした癖が
17年間入れ歯の治療を
難渋させていた原因だったのです。

筒井先生も

「なぜこんな簡単なことに気づけなかったのだろう」
と悔やまれ、

「患者さんに申し訳ないことをした」
と思っているとのこと。

 

◆生活習慣の改善

その後、
右手を右頬にあてて寝る癖を止めていただき、
筒井先生が、
狭くなった歯列をもとどおり拡げると、
長年苦しんでいた、

・頭痛 や
 
・しつこい肩こり

から解放。。

頬に手をあてるという癖は、
口の中を破壊しただけではなく 
全身の体調にも大きく影響を
およぼしていたようです。

◆歯並びを悪くする原因

さて、
あなたは、自分の歯並びを
気にされたことはありますか?

きれいな歯並びは、
上の歯も、下の歯も
U字型に配列され、

頭尾方向にまっすぐ伸びている
状態と言えるでしょう。

その歯並びを悪くするのは、
指をしゃぶったり、
舌の癖であることは
よく知られているかと思います。

なぜ、そのような癖で歯が動くのか?

その答えは、

・持続的な力

にあるようです。

矯正治療では、その原理を応用して
歯を動かしているんですね。
で、今回のSさんの根本原因であった
【頬つえ】のような力では、
歯は、動かない、

もっと、長時間、持続的に力が
加わらないと歯は動かないと
考えられていたようですが、

実は、

1日1時間でも繰り返し
間欠的な力が加わる場合にも
歯が動くことがわかってきたようです!!

◆我々がすべき事

 

ILPT腰痛治療セミナーなどで
お会いする皆んさも
セミナー受講中に
頬つえをされている場面を
見かけることが少なくありません。

そして、

今回のことは、分かっていても
私自身が頬つえをしていることもあります。

自分の行動って、意外に
自分では気づきにくいものです。

Sさんのエピソードで紹介したように、
頬つえのように
歯に外から力を加えることは、
口の中の問題を引き起こすだけではなく

 

  •  頭痛
  •  肩こり など

体調不良の原因になることが
分かってきているようです。

下顎に対する負荷のかけ方には、
注意していきたいですね!

すべての人々の“ハッピー”のために。

複合的腰痛アプローチ
IAIR Lumber back Pain Technology(ILPT)主宰
赤羽秀徳

<参考文献>
1)筒井昌秀・筒井照子著:包括歯科臨床,クイテッセンス出版
2)筒井照子:態癖と生活習慣のアドバイス,筒井塾

追伸1  

下顎など頭蓋骨の状態が全身に及ぼす影響を
詳しく解説し、そのアプローチ法を習得していただく
セミナーは ↓

 

追伸2

頬つえのような癖を本人が気づき、
その習慣を改善できるように支援していくことは
腰痛改善においても重要だと感じております。

ILPT腰痛治療セミナーでは、
生活習慣(思考習慣・行動習慣)改善の
支援法もお伝えしております。

追伸3

多数の登録ありがとうございます!

ILPT腰痛治療セミナー 参加予定者、および
参加者限定に【ILPT便り】というメールマガジンを隔週で配信しています。

ILPTセミナーやILPTメインコースの予習、復習となるとともに、

【大切な人】との関わり方を
より良くするための内容などもお届けしています。

もし、配信を希望される場合は、
こちらをクリックすると簡単に登録できます。

>>>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSrpbEvIRnM

【IAIRセミナー紹介ページ】 https://iairjapan.jp/calendar

Scroll to top