ROM-exで意識すると効果的な1つのポイント。

ROM-exは誰がやっても同じか?

以前のコラム、「ROM-exを行う前に理解しておきたい3つの知識とテクニック。」

もすでにお読み頂いた方もいらっしゃるかと思います。ありがとうございます。
現場でも参考になっていれば幸いです。

 

今回も、引き続きROM-exに関して一つだけ
シェアさせていただきます。

 

ROM-exは誰がやっても同じなのか??

 

という問いに対しては、
ハッキリと「No」と答えます。

 

同僚同士の練習でもやってみるとわかるかと思うのですが、
身体を預けられる人と不安を感じる人がいるかと思います。

 

では、具体的に何が違うのか??

 

それは、間違いなく

”手足の持ち方”です。

 

以前のコラムでも触れ方ということで、

お伝えしましたが、

 

もう一歩踏み込んで、
ROM-exで更に変化を出す為には、ここを意識します。

 

 

手足(四肢)を持つバランス

 

 

です。

 

 

患者さんや利用者さんの手足(四肢)を把持する時に
バランスって意識していますか??

 

 

例えばですが、

 

 

指1本でペンを落ちないようにするためには、
ペンの重心を感じるようにして持ちますよね。

 

大体ペンの中心部分に、
重心が来ますので、そこを支えてあげることで、
バランスを保つ事ができて、ペンが落ちずに済みます。

 

 

一方、支える重心の位置がずれたらどうなるでしょうか?

この写真の次の状態は、、、、

落ちますよね。

 

 

つまり、

ROM-exをする際に、ペンが落ちる状態のように患者さんの手足を触れていると、

 

 

患者さんの手足が落ちてしまったり、
その場を保持するために、無駄な緊張が入ってしまうんですね。

 

 

よく患者さんに

 

「力抜いていいですよ〜」

 

なんて声をかけたりもしますが、
力抜ける状態を作れてますか???

 

ってことなんですよね。

こういう準備に関しては、
tuneupセミナー触診セミナーでお伝えしています。

 

 

事前準備が大事。

 

ROM-exを行う前段階としての、
「触れ方」「持ち方」というものを、
意識するだけも、可動域が変わってきます。

 

 

これも、コミュニケーションでもあり、
配慮の一つです。

 

患者さんや利用者さんがより良くなれる為に、
今自分が出来ることは最善だろうか?
いつも自問自答しています。

やはり、

 

セラピスト自身の状態をきちんと整えておくことが必要。

 

ということに繋がります。

 

これは、これは、ROM-exだけでなく、
MMTの検査をする時だって、
さまざまな徒手療法で介入する時だって同じです。

 

コチラ側(セラピスト側)の準備で、変わることって結構多くあります。

 

まずは、自分に出来ることをやっていきましょう。
小さなことからコツコツとですね^^

 

ROM-exや触れ方に関して、セミナーでお伝えさせていただいております。
(仙台開催→こちら

若手もベテランも一緒です。
日々の意識で変わることがたくさんあります。

 

しっかりと基礎練習をしておく学んでいきましょう!
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

 

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1350名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■■iairjapan.jp(■■を@に変えてご使用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
渡邉個人Facebook:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94

Instagram:https://www.instagram.com/iairjapan/
Twitter:https://www.instagram.com/iairjapan/

*****************************************************


Scroll to top