臨床における問題点第一位「ROM制限」

実習の時から、このROM測定はめちゃくちゃ一生懸命に、
練習していた記憶があります。

 

時には、制限の可動域(角度)を測定することだけに集中してしまい、
動かした関節のエンドフィール(End feel)の感覚などは、
まったくわからなかったという経験はありませんか?

私は、たくさん経験あります。
はじめましてから、緊張してしまって、
そのままの流れでいくと、どんな制限なのか、
どんな抵抗感があるのか、など感じる余裕はなくなってました。苦笑。

 

このend feelの種類を感じることで、
次にどのようにアプローチしていくかで、
道すじが見えてきます。

 

「End feel」の3つの種類

 

先にも書きましたが、
このエンドフィールの抵抗感から、
何が、制限の因子になっているかを、
見つかることができます。

エンドフィールには、
大きく3つに分けられます。

 

① 骨性
関節運動の最終域で、骨と骨がカチッと抵抗感を感じる。

 

② 関節包性
関節内で、靭帯や関節包(深部)がじんわりと引き伸ばされる抵抗感を感じる。

 

③ 軟部組織性
関節周囲の筋や軟部組織の表層の抵抗感を感じる

 

この3つでおおよそ、
目星をつけて、関節可動域をチェックしていきます。

 

 

抵抗感は、経験でしかわからないのか?

 

と、3つの要素はわかったけど、
実際に体験してみないと分からない。
って気持ちもあると思います。

 

患者さんや利用者さんに、
何度も試させてもらうって訳にも行かないですもんね。

 

新人や学生のうちは、
患者さんによっては、
「わたしで練習してくれていいよ〜」
なんて、仏様みたいな方もいらっしゃったりもしますが、
全員がそんなことを言ってくれる訳にはいきません。

 

では、どうすると経験できるのか??

 

それには、2つあると思います。

 

1、健常者同士での練習

→先輩や同僚の身体を借りて、練習をしてみましょう。
健常者と言われる私たちでも、結構制限のある関節は多いです。

 

 

2、制限因子に対しての治療法を習得する

→3つの制限因子のうち、2・3の関節包性と軟部組織性に対しての、
治療法を習得して、実際にそれを行ってみる。

 

この2つのうち、 個人的な感覚としては、
「2」の治療テクニックを習得した方が、
経験を積むには、早いと思います。

臨床では、トップダウンでの評価が主流。

 

正直、抵抗感を感じるには、
多くの患者さんや利用者さんの身体を触らせてもらうという、
場数は踏むことは、大事だと思います。

 

現場では、結果を求められますので、
早く変化、改善を感じてもらうことは大切です。

 

患者さんが必要としているのは、
「良くなった」という実感ですからね。

 

ROM制限の多くは、
関節包性、軟部組織性に当てはまりますので、
そこに該当する、解決方法を当てはめてみるんです。

 

 

関節包性に対してアプローチしたことで、
可動域に変化があれば、

その関節で制限をかけていたのでは、
関節包性の問題であったということが分かります。

 

 

それが、違ったらまた、
違うアプローチをしてみる。

 

 

言葉はとても乱雑ですが、
「◯◯な鉄砲数撃ちゃ当たる」って、
言葉も聞いたことありませんか??

 

もちろん、
ただ闇雲に行うってことは“NO”です。

 

きちんと、解剖学や運動学などを踏まえた上で、
解決方法(テクニック)を行うということが大事です。

 

膝関節の可動域制限に対しての解決方法を学ぶには、
こちらがあります。

 

臨床の経験が浅いうちに、
さまざまな見方を習得しておくことで、
自分なりの評価、治療の土台ができてきます。

 

経験年数が増えてきている人は、
きちんと若手にも伝えられるように、
準備できていますか?

 

今のうちにしっかりと学んでいきましょう!
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

肩のROM制限、エンドフィール(end feel)に関して体感できるのは、こちら。

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も500名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info@iairjapan.jp
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
渡邉個人Facebook:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94
Instagram:https://www.instagram.com/iairjapan/
Twitter:https://www.instagram.com/iairjapan/
*****************************************************

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account