Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/iair/iairjapan.jp/public_html/wp-content/plugins/essential-grid/includes/item-skin.class.php on line 1145

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/iair/iairjapan.jp/public_html/wp-content/plugins/types/vendor/toolset/types/embedded/includes/wpml.php on line 646

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/iair/iairjapan.jp/public_html/wp-content/plugins/types/vendor/toolset/types/embedded/includes/wpml.php on line 663
当たり前だけど、睡眠が大事な3つの理由。 - 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

当たり前だけど、睡眠が大事な3つの理由。

睡眠は大事!!

言わずもがなですが、
睡眠は大事です。

みなさん、睡眠はしっかりとれますか??

ただ、大事と言えど、
なぜ大事なのかを説明できますでしょうか??

今回は、
3つのポイントでお伝えさせていただきます。

 

ホルモンの影響もある。

これは、リハビリ現場ってことではなくて、
ひと全体に当てはまると考えられます。

睡眠をきちんと確保出来た翌日と、
飲み会などさまざまな理由で、
確保できなかった翌日と。
パフォーマンス、全く違いますよね?

 

睡眠が大事な理由、その1として。

【成長ホルモンの分泌に関係するから】

みなさん、
どこかで22時〜2時は、睡眠のゴールデンタイムですよ!
(化粧品のCMとかだと、お肌のゴールデンタイムとかいうのかな?)

 

みたいなこと聞いたことありませんか?

 

これは、
皮膚や筋肉などの細胞の再生に係る成長ホルモンが分泌される、
時間だということから、来ていると考えられます。

 

この時間にしっかり体を休めておけることで、
きちんと成長ホルモンが分泌されます。

 

ただ、さまざまな研究報告もあり、
時間帯よりも、
寝て90分以内に多量の成長ホルモンが分泌されるとも言われています。

 

リハビリでも、
この睡眠に対して、ダイレクトにアプローチもできるんです。

 

内臓も休めましょう。

睡眠が大事な理由その2。
【内臓の働きを活性化させるから】

東洋医学で言われていることですが、
体には、内臓時間というものがあります。

 

数ある内臓の内、
大事な【肝臓】が働きやすい時間が、
午前1~3時の時間です。

 

肝臓の働きは、
【代謝、解毒、胆汁の生成】というものです。

肝臓が、黙々と、
取り入れた栄養を体の細胞、
組織が使える形にしてくれています。

 

肝臓の役割として、
東洋医学では、
【気を全身に巡らせる司令塔】とも言われています。

 

なので、この肝臓の時間に、
肝臓の細胞の修復が行われていることで、
全身に気がめぐるので、”元気”になるんです。

内臓なんて、関係無い。
とか思ってませんか??

 

身体は自己修復してくれます。

睡眠が大事な理由その3。

【脳脊髄液の分泌で脳内の老廃物を掃除するから】

全身の循環を考えた時に、
体の老廃物は、リンパ管に流れて、
そこから血管に吸収されていきますね。

 

この仕組みが、
脳内にはリンパ管が無いので、

 

その役割を担っているのが、

 

「脳脊髄液」

 

となります。

 

脳脊髄液は、
脳内(脈絡叢)で作成され、
脳実質全体〜脊髄を包むように、
硬膜下を流れています。

 

豆腐のパックを想像すると、
パックと豆腐の間にある、お水の役割です。

 

この脳脊髄液の循環が高まるのが、
睡眠中なのです。

 

脳脊髄液は、
最終的に脳内の血管系に吸収されていきますし
脳から出て行き、全身に運ばれる過程で
血管系、リンパ管系にも連絡を持ちます。

 

脳内の老廃物を掃除してくれるのは、
寝ているときなんですね。

 

リハビリの現場において、

 

筋力、体力が上がってこない…、
気分不快の訴えが多い…、
覚醒が良くない…、
認知面の低下が著しい…。

 

このような状況に遭遇することは珍しくありませんね。

 

ぜひそんな時には、
本人、家族、入院中であれば看護師さん、介護士さん。

 

さまざまなところから情報収集をしていきましょう。

 

必ず、解決の道筋が見えてくるはずです。

 

僕ら療法士は、
その良い方向に進みやすいスイッチをみつけてあげることが大切です。

そのスイッチを押すかどうかは、
患者さんや利用者さん次第です。

 

ただ…できれば押して欲しいと思うので、
それが出来るような、
後押しや情報の提供をしっかり行っていきましょう!

 

それでは、
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も続々増加中です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info@iairjapan.jp
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
渡邉個人Facebook:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94
Instagram:https://www.instagram.com/iairjapan/
Twitter:https://www.instagram.com/iairjapan/
*****************************************************


Scroll to top