椎間板ヘルニア

こんにちは。ILPT 主宰 赤羽秀徳です。

前回に引き続き、
今回も「腰椎椎間板ヘルニア」について
お届けしていきたいと思います。

なぜなら。。

タイトルのように、

― MRI上椎間板ヘルニアがあっても、痛みが無い人も多い ―

ことを、多くの方に知ってほしいと感じているからです。

まず、以下の5項目をご覧ください。

・・

1:腰・下肢痛を有する(主に片側、ないしは片側優位)

・・

・・
 
2:安静時も症状を有する 

・・

・・

3:SLRテストは70°以下陽性
  (但し高齢者では絶対条件ではない)

・・

・・

4:MRIなど画像所見で椎間板の突出がみられ、
  脊柱管狭窄所見を合併していない

・・

・・

5:症状と画像所見とが一致する

・・

以上の5項目は、ご存じでしょうか?

これは、
「腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン策定委員会
提唱の診断基準」

です。

つまり、

この5つを満たした時に
「腰椎椎間板ヘルニア」と
診断できる基準ということです。

◆腰椎椎間板ヘルニア診断基準の内訳

この診断基準の内訳は、

1.2.は、

【問診】により

3.は

【理学検査】により

4.5.は、

【画像所見】により

得られる情報ですね。

5つありますので、
覚える時にも、

問診 2つ

理学検査 一つ

画像所見関連 2つ

と覚えると覚えやすいかと
思います。

どれか一つの情報だけでは、
確定診断が難しいとされているので、
5つあるようです。

◆「ヘルニアだから」

さて、私は臨床で
次のような発言を聞くことが
よくありました。

「腰の痛みが続くので、MRIで調べてもらったら
 ヘルニアでした」

「私は、ヘルニア持ちなのでしょうがないかな。。。」

など、

つまり、画像上の所見が
今の痛みの原因であると、
「限定」しているような発言です。

あなたは、いかがでしょうか?

そのような発言を
聞くことはありますか?

◆椎間板ヘルニアの診断は画像所見だけでは難しい

実は、
【画像上】の「腰椎椎間板ヘルニア」は、
多くの“無症状”の成人にみられる所見である、

といわれています。

腰痛や下肢痛が無くても
画像を撮ると「腰椎椎間板ヘルニア」の
所見がみられるということです。

このことからも、

腰椎椎間板ヘルニアの診断においては、

【問診】および

【理学検査】の重要性がかなり

強調されています。

◆問診のポイント

まず問診では、

腰椎椎間板ヘルニア診断基準の

1:腰・下肢痛を有する(主に片側、ないしは片側優位)

を確認するために、
痛みの 部位 および 分布領域 を
丁寧に確認することが重要とされています。

分布領域は、神経根の走行
一致しているかが大切です。

(各神経根に対応する分布領域が、
あいまいになったときは、
その時、あるいはその日のうちに
手元にある書籍を確認すると記憶が
定着するでしょう)

この件に関しては、
次のような研究もあります。

「腰椎椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛
において、病歴と理学所見の意義を検討した
meta-analysis(文献総数37編)では、
病歴の有用性を述べた論文は、なかった。

診断に唯一有効であったのは、

疼痛の分布領域であったとしている」

この研究からも、

問診で、

痛みの【分布領域】を確認することは
外せませんね。

◆理学検査のポイント

次に、理学検査は、

腰椎椎間板ヘルニア診断基準では、

3:SLRテストは70°以下陽性
  (但し高齢者では絶対条件ではない)

とされており、
SLRテスト陽性は、有用な所見とされています。

しかし、紹介したい研究があります。
(先ほどの同じ研究の中の報告ですが)

「腰椎椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛
において、病歴と理学所見の意義を検討した
meta-analysis(文献総数37編)では、

SLRテストが腰椎椎間板ヘルニアによる
坐骨神経痛に対して信頼性のある徴候であり、
感度(sensitivity)0.85、
特異度(specificity)0.52

であったとしている」

さて、この研究の

【特異度】が、気になります。

【特異度】が 高い 評価法では、

ヘルニアでは、ない ケースは、
正しく、ヘルニアでは ない と
判定されます。

逆に

【特異度】が 低い 評価法では、

ヘルニアでは、ない ケースを
誤ってヘルニアと判断し
【偽陽性】の診断がついて
しまうことになります。

今回紹介した報告では、
特異度(specificity)0.52 と
されています。

したがって、
SLRテスト単独では、
およそ、半数のケースで、
【偽陽性】になってしまうことに
なります。

◆SLRテストの偽陽性を減らすために

皆さんも、
すでに工夫されていたり、
経験があるかと思いますが、

様々な方法により
ハムストリングの緊張を緩和することで
SLRの可動域が向上することがあります。

例えば、

下記のIAIRセミナーで
お伝えしている
腹部に対するアプローチ。

介入前後で、
SLRの角度が改善することが、
多くあります。

その他にも、
SLRの角度が改善する方法は、
骨盤からアプローチすることもできます。

これらの、アプローチを行うことにより
【偽陽性】か否かを判断できる評価結果が
増えていきます。

是非、正しい診断の一助にして
頂ければと思います。

◆まとめ

1.【画像上】の「腰椎椎間板ヘルニア」は、
多くの無症状の成人にみられる所見です。

2.「腰椎椎間板ヘルニア」の診断は、
問診・理学所見・神経学的所見・画像所見を
合わせ、【総合的な】判断が必要とされます。

3.誤った診断である【偽陰性】を減らすために
セラピストができる評価・アプロ―チを
広げていきましょう!

すべての人々の“ハッピー”のために。

参考書籍:
日本整形外科学会 日本脊椎脊髄病学会 監修
「腰椎椎間板ヘルニア 診療ガイドライン」
改訂第2版 南江堂

国際統合リハビリテーション協会
認定アドバンスインストラクター

複合的腰痛アプローチ
IAIR Lumber back Pain Technology(ILPT)主宰

赤羽秀徳

追伸1

偽陽性の方が、「私は、ヘルニアだから」という発言をし
あきらめていたらもったいないですね。

あきらめが希望に!変わる 視点をたくさんお伝えしています。

【ILPT腰痛治療セミナー】 今後の各地の日程詳細は、

こちらから>>> https://iairjapan.jp/backpain

追伸2

ILPT腰痛治療セミナー 参加予定者、および
参加者限定に【ILPT便り】という
メールマガジンを隔週で配信しています。

ILPTセミナーやILPTメインコースの
予習、復習となるとともに、

【大切な人】との関わり方を
より良くするための
内容などをお届けしています。

もし、配信を希望される場合は、
こちらをクリックすると簡単に登録できます。

>>>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSrpbEvIRnM

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account