IAIRが選ばれる理由

全身の繋がりを考え、リハビリに活かすために出来ること。

半年間で全身を見る技術を身につける。

 

IAIRの認定Bクラスコースは、
半年間で四肢体幹を全身的に診れる技術を学んでいきます。

 

今年度継続的に受講された方は、
ご自身の中での変化にお気づきでしょうか??

 

半年間の講義を通して、
3つのことをお話してきました。

 

1つが、

【自分自身の状態に目を向けること】

自分の体がしっかりコントロール出来ているか、
まずは、自分自身の状態をきちんと把握しましょう。
ということ。

主に、tuneupセミナーにおいて、

そのようなお話をしてきたのですが、
治療中の姿勢に気をつけることで、
効果が全く変わってくるというものでした。

2つめが、

【目的を明確にすること】

 

各テクニック前に、
「このテクニックの目的は、◯◯です。」

 

と、その都度お伝えしていました。

登山に例えられるなら、
頂上に到達するというのが目的です。

 

その為には、
ルートはいくつもありますよね。

 

富士山で言えば、
吉田ルート、富士宮ルート、須走ルートなどなど。

 

結局、
頂上に到達するためには、
どのルートを通ったっていいんですよね。

 

ただし…、
頂上を見失うとどこに進んでいいか分からなくなります。

 

テクニックも同じです。

 

テクニックで言えば、
筋肉や関節の状態を良くするためには、
◯◯を目的にしましょう。とお伝えしていました。

 

股関節であれば、骨頭を引き抜く。など。

 

ゴールを見失わないようにするために必要なのです。

もちろん、
リスク管理をしっかりと伴った上での話になります。

 

テクニックの方法よりも、
テクニックの目的を明確に、
自分の中に落とし込んでいく事が、
自分自身のデータベースに残り、
別の方にも活かすことができるようになります。

 

 

そして、3つめ一番大事かも。

【やってみること、続けてみること】

 

大切な事は、
やっぱり、”実践”です。

 

知識や技術を見た、聴いたことで、
自分の頭には、インプットされます。

 

でも、
そのインプットされた情報を、
アウトプットした時にはじめて自分の頭や体で、
知識や技術が合致するんですよね。

学びには、5段階あります。

【知る→分かる→行う→出来る→分かち合う】

この5つのステップを、
何度も行き来することで、
学びを深めていきます。

IAIRでは、段階的ではありますが、
行う・出来るの階層から学びをスタートしているのが、
特徴です。

継続して受講された方は、
確実に受講前と後で変化を感じて頂けます。

今まで多くの受講生の方が、
現場での変化を教えてくださっています。

↓↓↓↓↓↓↓

今は見えなくても、
続けた先にしか見えないものがあるんですね。

3つのポイント。

1、自分自身の体の状態に目を向ける
2、目的を明確にする
3、やってみる、続けてみる

いかがでしたか??

基本って大事になります。

来月は、Bクラスライセンス認定の検定試験になります。
受講される方は、ぜひ今までの学びの総復習にもなりますので、
ぜひ、振り返りをして望んで頂ければと思います。

それでは、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

 

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も続々増加中です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info@iairjapan.jp
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
渡邉個人Facebook:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94
Instagram:https://www.instagram.com/iairjapan/
Twitter:https://www.instagram.com/iairjapan/
*****************************************************


Scroll to top