側臥位で行う、腸腰筋リリースの方法。

腸腰筋と股関節の関係性

みなさん、こんにちは!
IAIRの渡邉哲です。

最近、巷でも
体幹トレーニングや筋膜リリースという言葉が、
聞かれるようになってきて、

「腸腰筋」

ってものも、
一般的の方にも広がりつつあるかなと感じています。

 

ただし、
私たち療法士でも、
きちんと腸腰筋についての知識があるでしょうか??

 

学校で、筋の起始停止や走行を学んだのは、
いつでしょうか?苦笑。
ただ、国試を通る為に、ペーパー上での理解になっていませんでしょうか??

 

ここで、簡単におさらいです!

 

腸腰筋の起始、停止について。

起始:Th12椎体、L1~5椎体、横突起
停止:大腿骨小転子

 

ですね。

あと、大事なイメージとしては、
股関節の前面(恥骨上枝)を通っているということ。

 

なにも見ないで、絵がかければ素晴らしいです!
ボクは、何度も確認してなんとか書けるようになりました^^;

多くの人は、機能不全を起こしている

筋膜セミナーでもお伝えしていますが、
多くの人は、
腸腰筋の機能不全を起こしています。

 

腸腰筋の作用は、
股関節の屈曲と外旋が主な作用でしたね。

 

今現在、多くの人は、
椅子での生活、洋式の生活を取るために、
股関節や体幹を曲げたままでの生活が多くなっているはずです。

 

なので、
そのまま腸腰筋自体は、
短縮した位置で固くなってしまう事が多いのです。

 

インナーマッスルでもありますので、
短縮し易い傾向にあります。

 

筋肉というのは、
伸び縮みをすること、出来る状態であることが、
大切なので、短縮したままでもダメ出し、
伸長したままでもダメですね。

 

 

この、腸腰筋の状態を改善するために、
筋膜テクニックでは、
膝を立てた背臥位でのアプローチをお伝えしています。

 

まずは、このスタンダードでのリリースを
体験してみて頂いてほしいです。

 

で、このテクニックで、

 

背臥位からだと手がなかなか入らない。。。

 

なんて声も聞こえます。

 

そんな時、効果的なのは、
側臥位からのアプローチです。

 

腸腰筋のイメージを3Dで。

腸腰筋を横(側臥位)から見るイメージです。

 

先の腸腰筋の図、

と照らして見てみると、
分かることがあります。

 

腸骨の内側に沿っていくと、
確実に触れられる。

 

ということ。

 

このイメージが出来たら、ばっちりです。


(上記の写真は、側臥位での仙腸関節の調整の図)

 

このようなポジションをとり、
腸骨の内側から、手を滑らせるような形で、
腸腰筋に触れていくようにします。

 

背臥位でやるよりも、
腹部の脂肪や内臓が重力の影響で、
下方向に移動してくれるので、
比較的、腸腰筋に触れやすいかと思います。

 

触れることが出来たら、
後は、待つだけですね。

 

体格の大きな患者さん、
背臥位で緊張が抜けない患者さん、
呼吸が苦しいという訴えのある患者さん
痛みに対して敏感な患者さん、

 

などなど、
多くの場面で活用できることがあるかと思います。

 

ぜひ、一度試して見て頂ければ幸いです。

 

文章だけじゃわからない・・・。という方は、
セミナー会場に起こしの際に、
インストラクターを捕まえ、体験させてもらってくださいね。

 

基本が出来ているから、
応用が出来るようになります。

 

IAIRでのセミナーでは、
基本はぶらさずに常にブラッシュアップしていきます。

 

また、何か発見などがあれば、
シェアしていきます!

 

それでは、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も続々増加中です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info@iairjapan.jp
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
Instagram:https://www.instagram.com/iairjapan/
Twitter:https://www.instagram.com/iairjapan/
*****************************************************


Scroll to top