職場の不満を解決する3つの方法

From:IAIR副会長 齋藤 信

 

みなさん、組織のリハビリしてますか?

毎週土曜日は一週間を振り返り、リハ科をより働きやすくするヒントをお伝えする「管理職の学校」開校です!

この数回にわたり職業人の心得をテーマに、数回にわたってお伝えいたします。

前回は「言葉について」でしたね。
ざっくり言うと……

  1. 言葉を大切にしよう!
  2. 専門用語禁止!患者さんに伝わってないぞ!
  3. 部署内でも日本語で話そう!

でした。

今回は「不満」についてです。
早速、お話ししていきましょう!

 

◆ あなたは同僚を信頼していますか?

いきなりどでかい質問だったかもしれませんね。
少人数の職場だと1日の大半は同じ面子で顔を突き合わせて仕事をすることに。
正直に言っていいですよ。性格の違いや能力差、年齢に経験年数、他部署からのウケ……不満の種はどこにでも転がってます。
もっとキツイのは、休日を巡ってのトラブルでしょうか? お互いの利害が絡んでくると感情的になり、些細なことで炎上してしまうのでしょう。
こんな状況が日常的であれば、不幸な職場なのでしょうね。
お互い様、とは考えられないものでしょうか?

 

◆ 不満を感情で吐き出してはイケナイ!

職場の不満を解決するまあ、ね。新人さんならまだ許せます。特に社会人経験の少ない現役学生上がりの新人さんなら、ね。
ですが、少なくとも5年目を過ぎてそれは拙いですね。特に一人でも後輩がいるなら、先に感情的になろうものなら永遠に後輩から尊敬されることはなくなるでしょう。役職つきなら感情的になるのは厳禁!
感情的になる人は管理職を辞退した方がいいですよ。自己管理できていません、と宣言しているようなものですからね。

 

◆ ○○の無い職場なんて存在しない!

もちろん、管理職を辞めるのが不満を解決する手段ではありません。むしろ不満をそのままにすることで、問題が残ってしまうどころか大問題に変わり、あなたが辞める前に他の方が辞めてしまいます。
いいですか、冷静になって聞いてください。そもそも不満の無い職場なんて存在しません!
不平不満はどんな職場にも、社会にも、家庭にも存在します。自分以外の人がいる限り、不満はなくならないと思ってください。
どうしても不満を感じたくないなら、それこそ無人島で単独生活することをお勧めします。

 

◆ 職場の不満解決の3つのポイント

不満の無い職場が存在しないのですから、大きく方向は2つ。辞めるか、問題解決するかです。
もちろん、まずするべき選択は問題解決。ポイントは3つです。

  1. 現場主義(不満の原因は必ず現場で起きている。報告だけを鵜呑みにしない)
  2. 自己内省(問題の原因を他者に求め、自己正当化に陥らない)
  3. 客観視(相手の立場になって考える、お互いの関係を俯瞰して見る)

この3つをおさえておきましょう。
この3つに共通しているキーワードは「決めつけ」です。一方的に決めつけてしまうから、決めつけられてしまうから不満に感じるのです。落ち着いて、お互い腹を割って話をしましょう。

 

◆ 退職=現実逃避なのか?

職場の不満辞める、という選択に対して「現実逃避」という人がいます。ですが、最後は自分自身の人生を考えてください。精神を病んでまでその職場に居続ける理由って何でしょう?
前の職場には悪いですが、僕は入職した日に「自分のタイミングで辞める」と心に誓って仕事をしていました。
解決の努力もした、自分のライフプランと職場が合わなくなった。
そうなったら、自分の人生を選んで何が悪いのでしょう?
最後は必ずあなたの人生ベースで選択してくださいね。

 

◆ まとめると……

と、いうことで……ざっくりとまとめれば、

  1. 不満の無い職場はこの世に存在しない!
  2. 決めつけない!決めつけが不満を生み出す!
  3. 最後は自分のメンタルを守ろう!辞める勇気を逃げとは言わない!

です。
あなたの職場のリハビリの一助になれば幸いです。

IAIR副会長齋藤信
IAIR 副会長/臨床共育メンター 齋藤 信

 

追伸

実は今、「(仮称)時間短縮!脳科学仕事術」を実践中!
あるマジックタイムを活用すれば、集中力が途切れず、また途切れた集中力が復活する方法を発見。
これを応用して時間短縮企画書作成術まで出来上がりつつあります。
実に面白い! 次回の臨床共育TVは25日そこに集まった方にだけ、紹介しちゃいますね。

 

PR

管理職養成講座開講中。
10月31日まで第1期生特別価格で提供中。
データDVDでの販売も試験的に行います。まずは限定5名かな……
>>> http://saito-makoto.jp/melc/

管理職養成12回コース

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account