体幹を安定させるためのリハビリテーションプログラム

From.IAIR九州 福留良尚

 

体幹の安定性は、基本動作、ADLにおいてある意味基盤です。

体幹が安定しているからこそ、巧緻性の高い動きが出来る。

 

まあ、これは常識ですよね?

 

しかし、私が新人だった頃は、この安定というものをかなり誤解していました。

 

 

安定=静止

 

こう思っていたんですね。

 

 

そのためのリハプログラム、、

 

  • 筋力トレーニング
  • バランス訓練

 

「とにかく安定するためには筋力だ」

「高齢だからバランス感覚が落ちているんだ」

 

 

高齢者にムチ打って、足りない部分を補うようなリハビリをしていました。

 

その結果どうなったか?

 

 

、、、良くならないんです。

 

リハ室では出来るけど、普段のADLに全然結びつかない。

 

何故か?

 

体幹の安定性とは、剛性を高めることではなく、柔軟性が必要だったんです。

専門的にいえば「選択的筋活動」

 

 

例えば、赤ちゃんや子供は筋トレなんてしません。

それでもちゃんと歩くことが出来る。

 

何故なら、

「多くの筋を選択的に使えるから。」

 

 

高齢者や疾病後の患者さんは、体が固くなり、その周囲の筋が機能し辛くなっています。

 

普通に筋力トレーニングをしたり、バランス訓練をしても、欲しい筋活動が動員されません。

 

 

私はこれを

「スイッチが入っていない」

と表現しています。

 

 

もちろん脳卒中による麻痺などは別ですよ。

あの問題は脳ですから、今回のテーマからは外れます。

 

 

安定した動作を遂行するためには、体の固さをとる、つまり関節の緩みが必要なんです。

 

固めるのではなく、緩める。

 

これが体幹の安定性に非常に大切です。

 

それを踏まえたうえで、、

 

 

体幹の安定性を高めるリハビリプログラム

 

①深呼吸

 

先ずは深く、ゆっくりとした呼吸をしてもらいましょう。

 

可能であれば腹式呼吸が望ましいです。

 

呼吸によって横隔膜は刺激され、筋膜の繋がりによって深部筋に緩みが生まれます。

 

必ずゆっくりとした呼吸で、努力的にならないようにしましょう。

 

努力する=緊張です。

 

目的は緩めることなので、肩が上がったり腹直筋が緊張してしまうような呼吸では効果は上がりません。

 

 

②手足をブラブラする

 

ROM-exをすることも必要ですが、患者さんが自主的に行うことで得られる緩みは、非常に有効です。

 

立位が難しい方は座位でもOKです。

 

手首足首をブラブラ、指をグーパーグーパーして、動きに滑らかさが出てくるように繰り返してもらいましょう。

 

 

③寝返り動作

 

末梢の緩みが出てきたら、今度は体幹を緩めていきます。

 

縦重力位になることで、重力に抗するために緊張していた筋を解放します。

 

ゴロゴロ寝返りをすることで、普段使われていない筋活動を促すことが出来ます。

 

 

この3つを立位になる前や、歩行訓練の前に行うだけで、かなり違いが出てくるのが分かるでしょう。

 

 

バランス=静止

 

もしそう考えていたセラピストさんは、その考えを改めていくことをお勧めします。

 

 

関節の固さが強固で全く動かない場合は?

 

これはもちろん徒手的なアプローチが必要でしょう。

 

しっかりと介入していかなくてはなりません。

 

 

特に大切になってくるのは、骨盤、そして脊柱の柔軟性です。

 

「骨盤は動かない」

 

と思っている方もいるかもしれませんが、骨盤は動きます。

 

脊柱も1つ1つの椎間関節が動くことで、深層にある筋はそれぞれが選択的に収縮してくれるのです。

 

 

骨盤へのアプローチはコチラ

 

 

 

それでは最後まで読んでいただけてありがとうございます。

 

*****************************************************************

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】

常任理事 九州地区責任者 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:http://iairkyushu.jp

Facebook:https://www.facebook.com/iairkyushu

*****************************************************************

 

【IAIR九州支部Facebookページ】

いいね!を押して連載コラムをいち早くチェック!

https://www.facebook.com/iairkyushu/


福留 良尚

View posts by 福留 良尚
国際統合リハビリテーション協会常任理事 IAIR九州専任講師 理学療法士 コンディショニングサロン仁愛クリニカルルーム代表 3児の父 
Scroll to top