A-classライセンスコース

A-class

Exercise for TGA

【この講義で学べること】

TGAは皮膚や関節運動を介した結合組織の滑走を手段としています。
そのTGA実践のためには高度な触診技術(Comfortable Touch)が求められます。
この講義では、BクラスTune upセミナーで学んだセルフメンテナンス法とは異なる6種目のワークを通して体と感覚の統合を目指します。
このエクササイズを続けることでTGAの実践が行いやすくなります。

 

Cranial TGA1、2、3

【この講義で学べること】

頭部のTGAについて、その方法と行う意味について科学的な見地から学びます。
解剖学、生理学を根拠に頭部のTGAと臨床所見をつなぎます。
頭部TGAの理解と実践は生体リズムから生活習慣を解釈に向かい、クライアントに適した介入が構築できるようになります。

 

 

生化学に基づくTGA

【この講義で学べること】

TGAの実践が体内でどのような貢献をするのか、生化学をベースにミクロの視点で整理します。
生化学的解釈によるTGAの根拠を理解することでTGA実践とクライアントへの解説が向上します。
その解釈をもとに神経組織滑走の一部を学びます。

 

IAIR Hand’s off アプローチ

【この講義で学べること】

ICFの概念に基づき、心理、環境、習慣に向けたアプローチ方法を身につけます。
実践に基づくワークショップを行い、知識や経験をシェアすることで臨床力を向上させることが出来ます。
リフレクションの意味や意図を学び、更に深いリフレクションを実践することができるようになります。

 

 

統合リハビリテーション概論

【この講義で学べること】

日本の医療現場の現状と、行政の動向から合わせた療法士の考えるべき方向性についてを学ぶことができます。
マルチファクター に対応できる統合リハビリテーションを整理することで、より臨床でのIAIRのテクニックの意味と重要性を理解することができます。
多角的にひとをみる、ということがよりわかります。
自分のからだを内面から客観的にみることができるので、施術時のからだの使い方が変わります。
医学的にみることだけでなく、物理学的・生物学的に捉えることで、臨床が非常に深くなります。
クライアントに本当に必要で正しい情報を伝えることができるようになります。