植物はなぜ、 良い香り(芳香成分)を放っているのでしょうか?

植物はなぜ、 良い香り(芳香成分)を放っているのでしょうか?

こんにちは!
MARTインストラクター、言語聴覚士の鎌形由紀子です。

 

例年よりも長く楽しめた気がした桜の花でしたが、
関東ではさすがに散ってしまいましたね…

 

今回は、そんな桜にまつわる内容です!
桜の花といえば・・・、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花びらのエッセンスには抗糖化の効果があって、
変性したタンパク質がコラーゲンやエラスチンという、
美肌成分を破壊することを抑えてくれるそうです。

 

そしてもちろん!!!

 

桜のアロマもあります!!!

 

花が咲いている期間が短い為にあまり出回ってはいないとのことで、
私も実際の精油に遭遇したことはありませんが…

 

バラ科である桜からはやさしいフローラルな香りがするそうです^^

 

桜餅に使われているような、
桜の葉の塩漬けからも甘い香りがしますが、
花と葉では含まれる成分が違う為に香りも異なるようです。

 

 

精油にはそれぞれ、
香りや効果効能、様々な特徴がありますね。

 

植物はなぜ、
良い香り(芳香成分)を放っているのでしょうか?

クエスチョン

 

それは、

自分の身を守り、子孫を残すためです

 

・虫が好む香りを放出させて花粉や種子を運んでもらう

・虫に食べられてしまわないように、虫の嫌がる香りや毒性を出す

・カビなどの発生を抑える

 

この様な働きで工夫しながら、
植物は生き延び、子孫を残してきました。

 

ちなみにタバコ含まれるニコチンも、
もとは植物(ナス科タバコ属)が出した毒性です。

タバコ

人間は例外的に嗜好品としてニコチンを吸っていますが、、^^;

 

ニコチンは、
毒薬として有名な青酸カリよりも強い毒性を持っており、
成人ではタバコ2-3本に含まれるニコチン摂取で致死量に至ると言われています。

 

人間が喫煙しても死なないのはタバコに含まれるニコチンのすべてが、
一度に体内に吸収されるわけではないからだとか、、

 

植物が生き抜くために編み出した知恵、
いいところはどんどん力を借りてしまいましょう☆

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

MARTインストラクター 鎌形由紀子

=======================================
< お知らせ >
========================================

MART初級編開催しています!!

H29.5.14(日) 大阪
        5.28(日) 東京
        6.4(日)名古屋

お申込みはこちらから:https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSebtzk

【中級編】
H29.7.1〜2(土日) 大阪
7.22〜23(土日) 東京
7.8〜9(土日)名古屋

お申込みはこちらから:https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSecXzkXz
※過去に、初級編を受けた方が対象です。
再受講も可能となっております。

【上級編】
前半:H29.9.9〜10(土日)名古屋
後半:H29.10.7〜8(土日)名古屋

お申込みはこちらから:https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSecEvgm
※過去に、中級編を受けた方が対象です。
再受講も可能となっております。

セミナー詳細は、こちらをご確認ください。
http://iairjapan.jp/mart/seminar/

【Rearoma™販売サイト】
https://rearoma.theshop.jp

IAIRオリジナルのアロマ精油を販売しております。
この機会にぜひお求めください。

アロマも統合医療の一部分となります。
アロマがもつ力を、
リハビリや医療にも活用していきましょう。

リプライを残す

*
*
* (公開されません)