header image

re structure

〜基礎を再構築する〜

HOME

re structure 〜基礎を再構築する〜

学生時代に学んだことをどのくらい覚えているだろうか

臨床を経験した今だからこそ、自分のリハビリの基礎を再構築する機会

解剖学、運動学、神経生理学、運動学習、運動療法、触診、姿勢・動作分析、脳画像から心理面に至るまで、包括的に学べるプログラムを

脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ【CCRA】が自信を持って紹介します。

脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ【CCRA】

理念

・脳卒中後遺症者のリハビリが自信を持って行え、患者さんから信頼されるセラピストの育成を行う

・病院や企業と提携し全国の脳卒中リハビリ難民をゼロに

About CCRA

CCRAについての詳細

Vision of CCRA

CCRAのビジョン
違いを評価することができて変化を初めて感じることができます。
期待に応える為にはまず自分自身が納得する必要があります。
学びから、臨床から、どちらかの一方通行では交わることは難しいでしょう。

CCRA認定講師

Profile image
CCRA代表。CCRAメイン講師。I 理学療法士。回復期病院にて10年脳卒中のリハビリに従事しその後、脳梗塞リハビリセンターに入社。現新宿センター長。徒手療法、神経生理学アプローチ等様々な手技を学び、今まで20000回以上、脳卒中後遺症のリハビリを行ってきている。また、臨床以外にもIAIRのセミナー活動や脳梗塞リハビリセンターにて脳卒中を取り巻く社会環境への働きかけも行っている。
Profile image
CCRAインストラクター、CCRA九州支部代表。理学療法士資格取得後、総合病院に入職。脳卒中のリハビリテーションに、急性期から生活期と幅広く臨床経験を重ねる。様々な技術講習に参加して徒手によるアプローチの研鑽を続け、現場では「担当になって」と直接声を掛けられるほどに。現在はIAIRの講師活動をする傍ら、一般の方への施術も提供している。
Profile image
CCRAインストラクター、関西支部代表。理学療法士。CVA、整形、内科疾患、外科術後など様々なリハビリを急性期から生活期まで経験した後、現在の療養型病院に勤務。主に訪問リハビリに従事し、CVAを始めとする様々な症例を経験する。生活期の現場でも結果が出せることを数多く体験する。地域においてもリハビリ職種が活躍できることを、もっとセラピスト自身に知ってもらいたいと活動している。
Profile image
CCRAインストラクター。東北支部代表。様々なセミナーを通じ、CVAのクライアントへの関わり方の幅広い視点を学ぶ。急性期~生活期までの各期における患者様が、「その方が自分自身で最適な方法を選択してリハビリを行っていける」ことをまたセラピストが「自信を持って目の前の患者様に関われるようになれる」ことを目指して活動している。

セミナー 一覧

  • 20,000/2日×3回

  • BASIC

  • 座位、立位、臥位の姿勢評価、テクニックを習得できる
  • テクニックを通じてどの姿勢でも活動に繋げるアプローチを展開できる
  • アプローチに紐づいた解剖学、運動学、生理学を学び応用できる下地作りができる
  • セミナー詳細
  • 41,600/2日×4回

  • ADVANCE

  • 各基本動作の特徴を学び、評価、介入、効果判定ができる
  • 実技練習にて患者さんの触り方からセラピストとしての立ち位置に至るまで学ぶことができる
  • セミナー→臨床→セミナーのサイクルにより「直観力」を身につけることができる
  • セミナー詳細
  • 7,900/1日

  • 1day

  • どなたでも幅広く個別的な介入ができる基礎作りができる
  • 脳画像、脳科学、心理学を学び、より包括的なアプローチができる
  • 臨床に直結した明日から使えるアプローチが学べる
  • セミナー詳細

セミナー修了後 CCRA認定セラピストとは

CCRA講師コラム一覧